「言論統制」の近代を問いなおす 検閲が文学と出版にもたらしたもの

制作 : 金ヨンロン  尾崎名津子  十重田裕一 
  • 花鳥社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909832115

作品紹介・あらすじ

いま、検閲について考える意義はどこにあるのか。

2000年代以降、新資料の発見が続き研究環境は劇的な変化をとげている。
戦前から占領期にかけて、検閲する側はどのように行い、受ける側はどう乗り越えようとしたのか。
検閲のプロセスを丁寧にたどることで、両者を対立的に捉える従来の図式を解体し、
さまざまな立場の思惑が複雑に絡みあう実態を暴く!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 言語統制について小説を書こうとしていたとしたら、その物語が全く別の形に書き換えられた感じ。

全1件中 1 - 1件を表示

「言論統制」の近代を問いなおす 検閲が文学と出版にもたらしたものを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×