改元前後 2016-2019

著者 :
  • 花鳥社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909832269

作品紹介・あらすじ

平成から令和へ移り変わる時節、日々詠み重ねてきた全866首は、われわれの日常と非日常を捉えた瞬間で繋がる。
俵万智氏も胸を熱くした感動の一冊!

 しみじみとしじみのしるをすふときし
     みにしみしみてまつえはこひし

 迷惑をかくとははいふさにはあらず
       おほ迷惑とゑみてこたふる

 改元のひのあかつきもエンジンを
       ひびかせてゆくごみ収集車
           —収録歌より—

著者プロフィール

1956年、島根県生まれ。
早稲田大学文学学術院教授。
日本中古・中世文学、和歌文学専攻。
「藤原定家最晩年の感慨―『名号七字十題和歌』の述懐歌から―」(『国文学研究』189、2018年10月)、「藤原定家(明静)の嘉禎三年」(『国語と国文学』96-12、2019年12月)

「2020年 『和歌史の中世から近世へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

兼築信行の作品

改元前後 2016-2019を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×