作田明の生涯ーー犯罪精神医学者の歩んだ誇り高き里程

著者 :
  • 聖学院大学出版会
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (115ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909891051

作品紹介・あらすじ

60歳で逝去した犯罪精神医学者・作田明の一〇回忌を記念して書かれた伝記。他者への暖かい眼差し・思いやりの深さ、キリスト者としての使命感に焦点をあてる。

作田明は多才な人で、作田家という医者の家に生まれたために、医者にならなければならない宿命を持ち、それを見事に果たしつつ、さらに多くの実践の場において、病める高齢者のために病院を数多く設立し、かつても今も作田家には全く考えられない大規模な病院群の経営を一人でこなし、多くの学問的業績を残しながら、この世を去った。社会的責任を果たすためのこの大事業は、作田家の一員であった彼の背に重くのしかかり、その責任の重大さが彼の肉体に取りつき、思いもよらない病を引き起こしたのかもしれない。だが彼は、作田家に生まれた一人の医者として自分の生涯の最後を見つめる姿勢を固め、自分のなすべき責任のあり方を透徹した、孤高なその眼差しで見据えた。「作田明記念財団」の創設はその一端である。そして、犯罪・非行の防止、および犯罪者・非行少年の矯正・更生に著しい貢献をされた個人や団体の功績をたたえるために「作田明賞」をそなえた。(「はじめに」より)

著者プロフィール

東京都出身。青山学院大学大学院で心理学を学び、統計数理研究所・林知己夫のもとでデータサイエンスの特訓を受け、アメリカ・イリノイ大学大学院で計量心理学を学ぶ。
盛岡大学教授、聖学院大学教授、ドイツ・ケルン大学客員教授、北陸学院大学教授などを歴任。林知己夫賞受賞(日本香道計量学会2009)。現在、聖学院大学名誉教授。
加賀との縁は、北陸学院大学教授時代にはじまり、本書を執筆する過程でますます深くなる。

「2018年 『双頭の鷲 北條時敬の生涯』 で使われていた紹介文から引用しています。」

丸山久美子の作品

作田明の生涯ーー犯罪精神医学者の歩んだ誇り高き里程を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×