不安な時代の家計管理(すみれ書房)

著者 :
  • すみれ書房
3.13
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 54
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909957061

作品紹介・あらすじ

************************************
急な収入減。先行きの不安。
どんなに困っていても、
頭を使い、手を動かし、正しく家計管理することで、
直近3カ月を乗り切り、
満足度の高い人生を、再構築できる。
************************************


【緊急出版】

・急に収入が減った人
・いまはまだ大丈夫だが、先行きの収入不安を抱えている人

を対象に、「すぐやるべきこと」を明確に示した1冊。


本の前半は、

・家庭の資産表「財産目録」をつくる
・支出は「管理可能支出」→「管理不能支出」の順番で整理
・直近3カ月を乗り越える収支予算
・貯金を取り崩すときの注意点

など、ピンチを乗り切るための具体的なやり方をレクチャー。

後半は、

「日銭を追わず、価値を追う大切さ」
「お金と時間と互換性」
「副業を通した自己実現」

など、不確実性が増す世界で、収入を増やし、満足度の高い人生を送るためのアドバイスがつづられている。

最新の補助金情報も掲載。

書いてある作業を、
「これからどうなるんだろう」「不安でたまらない」という気持ちがなくなり、
家計と人生の経営者として、知的な視点を持てる1冊である。
いまこそ、智恵を出し、「正しいしくみ」をつくるチャンスであることが、わかる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 参考図書

  • なんというか、対策が古い…封筒仕分けは以外とレベルが高い。男性目線でしか家計が見えていない。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

林 總(はやし・あつむ)
公認会計士、税理士、明治大学会計大学院教授(管理会計事例)。
1974年中央大学商学部会計学科卒。同年公認会計士二次試験合格。公認会計士、税理士。外資系会計事務所、大手監査法人を経て1987年独立。
以後、30年以上にわたり、国内外200社以上の企業に対して、管理会計システムの設計導入コンサルティング等を実施。
2006年、明治大学会計大学院の特任教授に就任。これまでに延べ600人以上の生徒に、会計の真髄を教えてきた。
著書に、『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』『美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?』『コハダは大トロより、なぜ儲かるのか?』『新版わかる!管理会計』(以上、ダイヤモンド社)、『経営分析の基本』(日本実業出版社)、『「原価計算」をしているのに、なぜ「儲け」がでないのか』(日本実業出版社)、『会計物語 会計課長団達也が行く』(日経BP社)などがある。

「2020年 『たった10日で決算書がプロ並みに読めるようになる!会計の教室』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林總の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンデシュ・ハン...
佐々木 圭一
山崎 聡一郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×