3年の星占い 双子座 2021-2023

著者 :
  • すみれ書房
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909957092

作品紹介・あらすじ

扉を開けて、新しい国へ


シリーズ3作目となる「3年の星占い」。2021年・2022年・2023年の3年間を、石井ゆかりさんが、「ある風景」を描きながら読みといていきます。

時代の節目となった2020年12月の「グレートコンジャンクション」(木星と土星の会合)の後、2021年「風の時代」が幕を開けます。
価値観を変え、2022年に大きな勝負に挑む「双子座」の3年間が、ゆたかな言葉で表現されています。これまでのファンはもちろん、はじめて読まれる方にも、楽しんでいただける内容です。

【双子座・目次】
プロローグ

第1章 3年間の風景
3年間の風景 
「風景」の解説 

第2章 1年ごとのメモ
2021年――価値観の、コペルニクス的転換
2022年――夢を紡ぎ、友に会う
2023年――新しい責任、外界という鏡

第3章 テーマ別の占い
愛について 
仕事、勉強、お金について 
住処、生活について
夢、楽しみについて 
自分、人間関係について 

第4章 3年間の星の動き
2021年から2023年の「星の動き」

第5章 双子座の世界
双子座の世界 
双子座の星
巻末折込:木星と土星の図表

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今まで、双子座の性格にしっくり来たことがなかったのですが、初めて私は双子座だと受け入れることができました。
    3年間、色々頑張ろうって思えました。
    石井ゆかりさんの文章は、読みやすく優しいです。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ライター。星占いの記事やエッセイなどを執筆。「12 星座シリーズ」(WAVE 出版)は120万部を超えるベストセラーに。「愛する人に。」(幻冬舎コミックス)、「夢を読む」(白泉社)等、著書多数。累計発行部数は400万部を超える。

「2022年 『星占い的思考』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石井ゆかりの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×