5億円横領された社長のぶっちゃけ話

著者 :
  • 清談社Publico
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909979049

作品紹介・あらすじ

ワイドショーを騒がせた“あの事件”の真相

なぜ、「ミッキーハウス事件」の被害者は逮捕されたのか?

「裸一貫でのし上がった男の、挫折から学んだ“生き様”が伝わってくる」
鈴木宗男氏、推薦!

栄緑は、私からカネだけではなく
取材や裁判にかかる時間、そして社会的信用も奪い、
今もヘラヘラ笑いながら規則のゆるいPFI刑務所で過ごしている。
経理という仕事を軽んじたせいで横領のきっかけをつくってしまったことは
私の不徳のいたすところであるが、これらをすべて公表することで
中小企業の経営者など多くの方の参考にしていただきたいと思う。(「おわりに」より)

「主文。被告人を懲役四年六月に処する」
裁判官がこう言い渡すと、「あの女」は髪に手をやり、ペロリと舌を出した。
「ヘヘッ、やってもた……」そんな声が聞こえてきそうだった。
傍聴していた私はあきれ果て、怒る気力もなかった。
「あの女」は、複数の愛人たちのために四千五百万円をかけて家まで建てている。
最も話題になった「ミッキーハウス」である。
ミッキーマウスで埋めつくされた四千五百万円ほどのその家は、
「ミッキーハウス」としてメディアで「キモい」などと叩かれたことから、
この横領事件は「ミッキーハウス事件」として知られるようになった。
私の事件を「反面教師」に、再発防止の一助にしていただければ幸いである。(「はじめに」より)

20年近くにわたって、高級ブランド品の爆買い、鮨やステーキの爆食、自宅のリフォーム工事に会社のカネを使い込み、挙げ句の果てには愛人との逢瀬のためにミッキーマウスで埋めつくされた「ミッキーハウス」を4500万円かけて建設した栄緑。その総額は5億円以上に及ぶ。裸一貫でのし上がった立志伝中の経営者は、なぜ罠にはめられたのか。ワイドショーを騒がせた“あの事件”の真相、そして事件後の「脱税逮捕」の真相を、当時の社長が赤裸々に語る。

著者プロフィール

1959(昭和34)年兵庫県三木市生まれ。生コン製造会社勤務を経て、1987(昭和62)年に土木建築業・神行建設を設立。1989(平成元)年に社名変更のうえ株式会社化して社長に就任。2019(令和元)年11月に法人税法違反容疑などで逮捕。2021(令和3)年2月に執行猶予付き有罪判決確定。一貫して建設業に従事し、地域の発展に貢献してきた。

「2021年 『5億円横領された社長のぶっちゃけ話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

最近本棚に登録した人

ツイートする
×