山口組ぶっちゃけ話 私が出会った侠客たち

著者 :
  • 清談社Publico
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909979087

作品紹介・あらすじ

作家・山平重樹氏推薦!

「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)
「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)
「新・情報7DAYS ニュースキャスター」(TBSテレビ系)
「ダラケ! お金を払ってでも見たいクイズ」(BSスカパー!)
…など続々出演、話題沸騰!

古川雅章・恵一、許永中、竹中正、そして竹中正久――
初めて明かされる侠客&アウトローたちの真実

竹中正久四代目をはじめ、竹中正相談役、平尾光(ひろし)、笹部静雄、大西康雄、
宮前篤といった竹中組の面々、古川雅章初代や入江秀雄……。
それぞれの出会いから学ばせてもらったものが、いまの私につながっている。
やくざは侠客を目指すべきで、暴力団になるべきではない。
そのことを私は許永中から教わった。
「“ヤクザ”“侠”というのは自身の生き様、自身の信条というものであり、
決して看板や職業ではない」
この言葉は私の人生観を変えてしまうほど衝撃的であった。(「おわりに」より)

【目次】
序章 古川恵一銃殺事件の真相
第1章 古川雅章に殉じた侠(おとこ)たち
第2章 許永中からの九通の手紙
第3章 竹中組の五兄弟と私
第4章 山口組と竹中組三羽烏
第5章 山一抗争に命を張ったヒットマン
第6章 竹中正久四代目の死にざま

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1951年生まれ、兵庫県姫路市出身。義竜会会長、初代竹中組組長秘書、のちに竹中武組長の下で若頭補佐、中野会若頭補佐、古川組舎弟頭補佐を歴任。2005年に二代目古川組の盃を拒否して破門処分となり、カタギとなる。現在は暴力団員の更生を支援するNPO法人「五仁會」代表。2016年の山口組分裂騒動ではヤクザに精通した第一人者として、「新・情報7DAYSニュースキャスター」(TBSテレビ系)などテレビ各局の報道番組にコメントを寄せ、「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)へのゲスト出演で話題となる。2019年の神戸山口組幹部襲撃事件では「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)に緊急出演し、そのくわしい解説が反響を呼んだ。著書に『極道ぶっちゃけ話 「三つの山口組」と私』(イースト・プレス)、『若頭の社会復帰と三つの山口組の行方 中野太郎の激震から七代目の野望まで』(徳間書店)がある。

「2020年 『山口組ぶっちゃけ話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹垣悟の作品

山口組ぶっちゃけ話 私が出会った侠客たちを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×