渋沢栄一 運命を切り拓く言葉

著者 :
制作 : 池田 光 
  • 清談社Publico
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909979117

作品紹介・あらすじ

困難を衝(つ)き抜けろ!

10万部突破のベストセラー
『中村天風』『図解 斎藤一人さん』シリーズの著者が
100の名言で解説!

2021年NHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公、
2024年の新一万円札の顔となった
「日本資本主義の父」の成功法則

どんな時代でも色あせない本物の「成功哲学」が、ここにある!

渋沢栄一の「成功哲学」は自分さえうまくいけばいいという
利己的なものではありません。感染症後のこれからの社会では、
「自分の努力によって成功したけれども、
成功させてくれた社会に感謝し貢献する」
という面が強まるでしょう。そんな成功哲学を栄一はすでに説いていました。
この社会を良くしたいと考え、感染症後の新しい社会を模索する人なら、
「日本資本主義の父」である渋沢栄一に学ぶことが欠かせないでしょう。
池田 光(「はじめに」より)

著者プロフィール

1840(天保11)年〜1931(昭和6)年。実業家。農家に生まれるも「尊王攘夷」思想の影響を受け、京都に出て徳川慶喜に仕える。その後、明治政府に招かれ大蔵省で新しい国づくりに関わる。退官後は、民間経済人として活動し、第一国立銀行や東京証券取引所など、約500もの企業の設立・発展に貢献。また二松学舎や商法講習所(現・一橋大学)など、多くの教育機関・社会公共事業の設立・支援に尽力。『論語と算盤』を著すなど、経営哲学の「道徳経済合一説」を広く説き続けた。

「2021年 『はじめて世に出る青年へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渋沢栄一の作品

渋沢栄一 運命を切り拓く言葉を本棚に登録しているひと

ツイートする
×