花街の引力 東京の三業地、赤線跡を歩く

著者 :
  • 清談社Publico
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909979162

作品紹介・あらすじ

花街、三業地、遊廓、岡場所、赤線地帯、カフェー街……
「街歩きの達人」が読み解く「ロマン」の正体

失われゆく「街の記憶」を求めて

全盛期、昭和時代の花街地図付き!

かつての花街、三業地、赤線、闇市、横丁の類いは、長期的に見れば、まだまだ消滅していくだろう。
となれば、やはりそれらの場所を今のうちに訪ね歩いて、最後の記録をすることが重要であろう。
それは、近代日本の産業、軍国主義、占領、貧困、女性の歴史を記憶することにもつながる。
それが本書の意図である。(「はじめに」より)

「夜の街」の残り火を灯す42の街の物語

第一章 境界の町(二子玉川、二子新地/亀有、金町、松戸/森ヶ崎、穴守/平井、新小岩、小岩)
第二章 近郊(北千住/立石/大井、大森/高円寺/中野、新井薬師/中野新橋/阿佐ヶ谷)
第三章 山手線界隈(駒込、王子/大塚/渋谷円山町/五反田/新宿十二社)
第四章 都心(湯島、根津/白山/四谷荒木町/人形町/芝浦/麻布十番/赤坂)
第五章 下町(玉の井、鳩の街/南千住/洲崎/尾久/亀戸)
第六章 郊外(八王子/立川/新丸子)

著者プロフィール

三浦展(みうら・あつし)
1958年生まれ。社会デザイン研究者。カルチャースタディーズ研究所代表。家族、若者、消費、都市、郊外などを研究。著書に『 「家族」と「幸福」の戦後史――郊外の夢と現実』 (講談社現代新書) 、 『ファスト風土化する日本――郊外化とその病理』 (洋泉社新書) 、 『東京は郊外から消えていく!』 『首都圏大予測』 (光文社新書) 、 『愛される街』 (而立書房)などがある。

「2022年 『中央線がなかったら 見えてくる東京の古層』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三浦展の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
出口 治明
ヴィクトール・E...
劉 慈欣
國重 惇史
ウォルター・アイ...
マルクスアウレー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×