一流の人だけが知っている、他人には絶対に教えない この世界のルール。 選ばれる人を決める「秘密の評価基準」40

著者 :
  • 清談社Publico
2.89
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 55
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909979209

作品紹介・あらすじ

あの人は、なぜ「あのポジション」に立ち続けられるのか?

ビジネス社会のルール、時間のルール、お金のルール、教養のルール、人間関係のルール……

著書累計340万部突破のベストセラー作家がその共通点を初公開!

一流とは何か。
それは一流と認められた人たちから、
「あなたは一流」と
認定された人やものである。

建前ではなく本音で一流の世界を知れば、
自分は一流になれるのか、
あるいは一流にはなれないが、
一流に便乗したり一流を避けたりして、
その上で楽しく幸せに生きるのか、
あなただけの人生の成功の
方程式が生み出せるだろう。(「プロローグ」より)

この「目に見えない違い」が、人生を決定づける。

●由緒正しい一流企業への就職は、幹部の学歴をチェックしてから決める。
●口約束を守れなければ、永久追放。
●嫌いなヤツとは付き合わない。
●身の丈に合ったお金の使い方をする。
●自分がご馳走したことは誰にも話さない。
●英会話より、英文解釈と英作文。
●好悪より、尊敬できるか否かを重視。
●三流の人を隣に座らせると、あなたも三流と見なされる。
●人間関係には賞味期限があると知っておくと、お互い楽になる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「一流の人とはどんな人か」について書かれた本です。
    著者の考える「一流」の基準がよくわかりませんでしたが、参考になる考え方もありましたー。
    ぜひぜひ読んでみて下さい。

  • 忖度のしない内容が書かれています。
     
    冒頭に、
    旧帝大と、早慶意外の出身者は一流にはなれなく、採用されても地方の管理職止まりになる。

    と書いてあります。


    これはその通りだなと思いました。

    学歴の時代は終わったと言われながらも大企業のトップや役員、社外取締役の最終学歴は輝かしいです。社会人になって学歴ロンダリングをしている人もいるかも、しれませんが。

    はかにも面白いことが書かれていますので、
    一流になりたい人は是非


    ボリュームは薄くて、内容ごとに区切られているので、読みやすいです。

  • 読みやすかった。自分が三流だと認めて、一流めざして精進しようと思えた

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

愛知県生まれ。岐阜県各務原市育ち。文筆家。東北大学教育学部教育学科卒。
日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。コンサルティング会社では多くの業種業界におけるプロジェクトリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。
のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって得た事実とそこで培った知恵を活かし、“タブーへの挑戦で、次代を創る”を自らのミッションとして執筆活動を行っている。著書は本書で175冊目。
音声ダウンロードサービス「真夜中の雑談」、完全書き下ろしPDFダウンロードサービス「千田琢哉レポート」も好評を博している。

「2021年 『一流の人だけが知っている、他人には絶対に教えない この世界のルール。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千田琢哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
メンタリストDa...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×