身体を持って次の次元へ行く2

  • 破・常識屋出版
4.10
  • (3)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910000053

作品紹介・あらすじ

コロナ禍だからこそ、ますます本気で取り組む2大プロジェクト!

『身体を持って次の次元へ行く 2』には絶版の第3作と書き下ろしの新作を収録

こうなって欲しいという思いを現実として引き寄せた二人が3作目に取り組んだテーマは、自分の夢を叶えたいと本気で思っている人に向けた『夢を叶えたいなら、その夢に名前をつければいいんです。』宇宙人の「さくや」と「アシュタール」との対談を通じて、「私にも夢が叶えられる!」と、誰もが本気で思える内容を開示。
そして全巻のテーマにもなっている新作『身体を持って次の次元へ行く』では、2015年以降に取り組む2つの活動を中心に紹介する。
自ら「破・常識あつし」と名乗るあつしが、複雑怪奇ともいえる出版界で「破常識屋出版」を立ち上げていく姿を真剣かつコミカルに描く。おかしすぎる世の中をひっくり返すため、7年前に立ち上げた「1%プロジェクト」。日本国民の1%の約130万人に、「さくや」と「アシュタール」の情報を目にしてもらうためには、出版活動が欠かせないと考えたからだ。
もう1つは「じょうもんの麓プロジェクト」。ピラミッド型社会から離れ、縄文時代のような横並びの丸い社会を創ろうと思って立ち上げ、土地探しに奮闘する姿を描く。

コロナ騒動で超管理社会の方向へ流れていく今。だからこそ真逆の丸い社会へ移行する必要がある。その思いは日に日に切実になっている。
ミナミAアシュタールは△の社会から〇社会に移行するため、さらに思考を現実化し、読者の皆さんにお伝えしていくシリーズ本です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「日本列島から日本人が消える日」の最初の赤い本から、なぜ2冊の別の本になったのかな・・・と思っていたのだけど、その体験記などがあって面白い。
    実体験はやっぱり面白いな。
    確かに、綺麗な文体で書いてあるよりも、著者のそのままの勢いで書いてある文体の方が、エネルギーを感じる。
    「エネルギー」が変わってしまう、というのも、なんとなく分かる。
    そう考えると、この本からは、なんとなく著者の「エネルギー」が感じられて、清々しいというか、癒やされるというか、励まされる感じがする。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

3000倍引き寄せる、身体を持って次の次元へ行く!、引き寄せの口ぐせ、夢を叶えたいなら、その夢に「名前」をたりいいんです。などがある。

「2022年 『新・日本列島から日本人が消える日(最終巻)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミナミAアシュタールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
スペンサー ジョ...
アンデシュ・ハン...
メンタリストDa...
リンダ グラット...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×