威風凛々 烈士 鐘崎三郎

制作 : 鐘崎三郎顕彰会編集委員会 
  • 鐘崎三郎顕彰会
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910038315

作品紹介・あらすじ

明治24年,運命に抗うように上海に渡り,時代に翻弄され,26歳で落命する鐘崎三郎の人物像と,彼を見守った多彩な人士たちの記録。
明治の近代精神に燃えて大陸に渡った若き鐘崎三郎(福岡県出身,1869-94)。日清貿易研究所で学び,商店経営を実践,各地を旅して経済交流の最前線に立つも,1894年,日清戦争が勃発。陸軍に通訳官として派遣されて捕縛,刑場に散る──。
【『烈士の面影』(大正13年刊)・『烈士 鐘崎三郎』(昭和12年刊)両書にその後の記録を加え増補再刊】

**

昭和四十五年(一九七〇),鐘崎三郎の銅像が再建された。母は,除幕式を行った高校生の娘に対して,三郎の名を「他言しないように」(47頁)と念を押した。鐘崎三郎(明治二~二十七年,一八六九~九四),一般には,遼東半島において刑死した日清戦争の「英雄」の一人,通訳官・軍事探偵「三崎」の一人として知られる。半世紀を経て,娘は,母の思いを受けて,鐘崎三郎の全容の解明に乗り出した。納戸鹿之助著『烈士 鐘崎三郎』(昭和十二年)を踏まえ,さらに新たな史料や調査の成果を加えて,鐘崎三郎の実像に迫ろうとする。今,知られざる歴史が明らかになる。

著者プロフィール

令和元年秋,鐘崎三郎の遺族である森部眞由美氏が,納戸鹿之助編著『烈士 鐘崎三郎』(昭和12年刊)の翻刻を企画。令和2年2月,福岡市にて編集委員会を結成し,編集作業に取りかかる。編集委員長は向野正弘(向野堅一記念館館長)。編集委員は朝比奈享,浦辺登,向野康江,杉山満丸,森部眞由美(50音順)。令和3年5月3日『威風凛々 烈士 鐘崎三郎』を上梓,鐘崎三郎生誕150年記念の墓前祭において供えられる。

「2021年 『威風凛々 烈士 鐘崎三郎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×