金のオタマジャクシ、そして感性の対話:世界に音楽が必要な理由

著者 :
  • 花乱社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910038322

作品紹介・あらすじ

本書は,自然との乖離に追いやられた人が再び自然と調和・共存し,本来の人間性を回帰するための架け橋が何であるかを問いかける(序文より)[東京大学先端科学技術研究センター所長 神崎亮平]

「いつからだったろう、私の暮らす日本において、クラシック音楽は社会の中でのアイデンティティを確立できずにいる、いや、正確には見失っていると感じるようになっていた──。」

社会にとって芸術とは何か。今を生きることに音楽は不要なのか。
認知能力のみで閉じられた状態から,感性を開き,芸術を表出させ問いつづけること。それこそが未来へのキーワード。人と社会,自然,テクノロジー,教育など分野を横断し,感性と音楽の可能性を探る。
東京フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター近藤薫氏著作の初の単行本化:芸術考「感性の時代」,各界トップランナーたちとの「感性の対話」,音楽エッセイ「金のオタマジャクシ」収録

***

【感性の対話者たち】
 A .バッティストーニ氏(東京フィル・首席指揮者)
 中邑賢龍氏(東京大学 先端研 特例教授)
 佐々木理恵氏(NHK福岡放送局キャスター) 
 川﨑堅城氏(Bar The TRADマスター)
 古橋洋人氏(楽天グループ株式会社 常務執行役員)

著者プロフィール

1980年生まれ。東京藝術大学をアカンサス賞を受賞して卒業後,同大学大学院修士課程修了。現在,東京フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター,フューチャー・オーケストラ・クラシックスコンサートマスター,バンクーバー・メトロポリタン・オーケストラ首席客演コンサートマスター。長野市芸術館レジデントカルテットリヴァラン弦楽四重奏団主宰。全日本学生音楽コンクール,日本香港国際音楽コンクール,刈谷国際音楽コンクール審査員,東京音楽大学・洗足学園音楽大学非常勤講師,東京大学先端研特任教授。

「2021年 『金のオタマジャクシ、そして感性の対話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

近藤薫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×