ベンチャー・キャピタリスト──世界を動かす最強の「キングメーカー」たち

  • NewsPicksパブリッシング
4.28
  • (7)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 187
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910063218

作品紹介・あらすじ

【孫正義/ピーター・ティール/モデルナワクチンの仕掛け人など、世界の「キングメーカー」勢揃い】

ギャンブラーよりもクレイジーで、起業家よりもビジョナリー。

時に1兆円を超える巨額を投じ、名だたるスタートアップ企業をリードしながら、新たな産業を創り出す、「キングメーカー」の投資戦略とノウハウ、その全思考がついに明かされる。



日本経済史上、最高の利益を叩き出したのはスタートアップ投資だったーー。
2020年3月期、孫正義が率いるソフトバンクグループの投資会社「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が叩き出した純利益5兆円(含み益込)は、日本企業のあらゆる記録を打ち破った。

いまやスタートアップへの投資が、国力を左右するキーファクターになっている。
その投資額はグローバルで50兆円に達する勢いで激増しており、7年前に初めて使われたユニコーン企業(時価総額1000億円以上のメガベンチャー)は、いまや世界で1000社に届こうというスピードで増殖している。

新型コロナのワクチンを作ったモデルナ、コミュニケーションの生命線となったズーム、脱炭素のアイコンとなっているテスラ、宇宙防衛産業のフロンティアにいるスペースXまでーー。
GAFAを始めとする巨大なスタートアップの裏側には、彼らを「時代の覇者」に押し上げてきた、知られざる黒幕がいる。

それが、スタートアップ投資を専門にするベンチャーキャピタルだ。

イノベーションの世界の舞台裏で、ハイリスクハイリターンの投資を繰り返しては、時には想像を絶するような利益を手にしてゆく。彼らは巨額を動かす投資家でありながら、起業家スピリットをもつビジネスエリートにして、イノベーションの再現性を探る科学者のようでもある。

アメリカだけで8000社を超えるベンチャーキャピタルの中でも、トップ・オブ・トップの「超勝ち組」と呼ばれる一握りの投資集団たちが、長らくイノベーションの世界のキングメーカーとして君臨してきた。いわば未上場の株取引市場は「独占産業」だった。

普段、ほとんどその姿は表に現れず、長らく秘密のベールの内側に包まれてきた。
しかし、NewsPicksサンフランシスコ支局長を務めるジャーナリストの筆者が、シリコンバレーで有数の投資実績を誇るSozoVenturesの協力を得て、GAFAを始め、ズーム、テスラ、スラック、コインベースなどを初期から支えてきた、実に31社40人以上の独占取材に成功。
トップオブトップのベンチャーキャピタリストが網羅された、本邦初のインタビュー集だ。

いまだに世界3位の経済規模をもちながら、なぜ日本から革新的なビジネスがなかなか生まれず、そのポテンシャルを引き出せないのか。
日本が30年間、見落としてきたその答えを、世界的なテクノロジー企業たちと巨万の富を作ってきた、キングメーカーたちが教えてくれるはずだ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ほとんど表に情報が出てこないベンチャーキャピタルの世界を、少しだけ覗かせてもらった。

    優秀なベンチャーキャピタリストを、一企業が雇うことは不可能。報酬体系と金額、そもそもの保有資産が莫大だから!

    ベンチャーキャピタリストは、ベンチャー投資をギャンブルだとは思っていない。凄まじい労力をかけたデューデリと、ネットワークによる情報収集、ビジネス拡大の能力を持ち合わせており、腕に自信があるから!

  • VC産業の仕組みを知ることができる一冊。
    各メジャーVCの概要を知ることができるが、虎の巻的なものではない。
    ページ数が長く、中盤以降は似たり寄ったりの内容となっていて、間延び感を感じる。
    それでも圧倒的な資金力で成長するベンチャーの仕掛け役としてのVCを知ることができる。

  • Venture Capital業界の最新動向と主要プレイヤーを網羅し、それらのキーマンの直接インタビューが掲載された非常に貴重で稀有な書籍である。そしてこうしたVC良書が、日経でもなくダイヤモンドでもなく、NewsPicks編集部から刊行されたというのが新しい時代の変化を感じさせて興味深い。VC業界はリーマンショック以降はヘッジファンド・投資銀行出身者が増えてPEに類似した「金融」の趣が濃くなった時期もあったが、本来VCと起業家は既存金融とは異なる一蓮托生のウェットな関係にある。一夜にして1,000億円の運転資金を確保したRibbit CapitalとRobinfood、取締役就任をVCと一緒を条件としたVenrockとIllumina 10x Genomics、パートナーからの馘予告の誤転送をバネにしたKleiner PerkinsとBOX。特にFlagship PioneerringとModerraの関係は、mRNAという理論をコロナワクチンとして具現化し世界を救った、偶発的ではない意識的にイノベーションを生み出す人間のクリエイティビティの最高潮といえるVCの醍醐味だろう。

    本書に描かれる世界は雲の世界のことのように感じるが、本書を読むと興奮と高揚を感じるし、彼らも少し前は雲の下に居た、つまり読者だってイノベーターになれるんだという事実を気付かせてくれる一冊だ。

  • 338.14A/G72b//K:東2法経図・6F開架

  • 読み物として前半面白いが長くて間伸びする

  • 実際にキャピタリストにインタビューされている書籍。具体的かつリアル感があり、とても面白いです。グーグル先生のいる時代に、もはや分析を読まされるより、リアルな人の言葉をまとめてくれた方が興味深いです。
    しかも、日本人が著者ということでさらに読みやすかったと思います。
    投資から融資へと資金調達が変わってきているなど、VC界、起業界隈の変化を体感できました。

  • いろんなVCの投資基準やVCになった人生の物語が見える

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

NewsPicks 副編集長(サンフランシスコ支局長)
1981年東京生まれ。青山学院大学文学部卒業。毎日新聞社を経て、週刊ダイヤモンドを経て、2016年にNewsPicks編集部に参画。企業報道チームを立ち上げ、シリコンバレーにおけるテクノロジーの最前線から、中国で勃興するスタートアップなど幅広くカバー。2019年にはサンフランシスコ支局を開設。これまで『アップル帝国の正体』(2013年共著、文藝春秋)や、『LINE 韓流経営』(2016年、扶桑社)など執筆。

「2022年 『ベンチャー・キャピタリスト ──世界を動かす最強の「キングメーカー」たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

後藤直義の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
アンデシュ・ハン...
ジェームス W....
リンダ グラット...
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×