百年企業へ繋ぐ二代目社長の在り方~60年続く自動車部品製造企業の二代目が語る!

制作 : 万代宝書房 
  • 万代宝書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (62ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910064390

作品紹介・あらすじ

江戸時代は、関が原合戦から明治維新まで265年間。15代にわたり、政権が中央集権を265年維持するのは、並大抵ではないと思います。第三代将軍の家光が将軍に就任し、江戸幕府の体制を確立させたといわれています。 柴崎猛さんは、60年以上続く自動車部品製造企業の二代目社長でした。5年前、息子さんに三代目社長を託した柴崎氏は、二代目の在り方こそが経営の継続にかかっていると語ります。創業者の苦労を見てきた二代目が、次の継承者に経営の教育を行えるかが百年企業への鍵であると言います。

著者プロフィール

【プロフィール 柴崎 猛】 昭和24年 寄居町に生まれる。 地元の小中学校、熊谷高校に進む。 昭和46年 慶応大学工学部卒業後、直ちに、 (有)柴崎製作所に専務取締役として入社。 昭和49年 妻、春美と結婚、一女二男を授かる。 平成6年 ㈱シバサキ製作所代表取締役就任。 平成27年より代表取締役会長。現在は取締役会長。

「2021年 『百年企業へ繋ぐ二代目社長の在り方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

工藤直彦の作品

ツイートする
×