「和歌山カレー事件『再審申立書』」概説

著者 :
  • 万代宝書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (85ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910064499

作品紹介・あらすじ

本書は7月に行われた「あおぞら通信」主催の勉強会でお話しさせていただいた内容を加筆修正して編集したものです。 不当な捜査、いい加減な裁判が行われている現実について、「和歌山カレー事件」以上の例はありません。 皆さん! 「和歌山カレー事件」を日本をよくする教科書にしようではありませんか。

著者プロフィール

生田 暉雄(いくた てるお) 弁護士(香川県弁護士会)
1970年 裁判官任官、1987年 大阪高裁判事、1992年 退官,弁護士
裁判官歴22年,弁護士31年
【主な著書】『裁判が日本を変える』(日本評論社2007年)『「和歌山カレー事件「再審申立書」冤罪の大カラクリを根底から暴露」『和歌山カレー事件「再審申立書」【概説】』(万代宝書房 2021年)など

「2022年 『和歌山カレー事件 再審請求書面を解析してみると…』 で使われていた紹介文から引用しています。」

生田暉雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×