美しい木組の家: いつか古民家になる

著者 :
  • ウエルパイン書店
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784910069036

作品紹介・あらすじ

わたしたちは、丈夫で美しい架構の住まいをつくります。
「住まい」は、古来より伝わる「木組」の架構が命です。

地震や台風に襲われる日本の家は、丈夫な架構でなければなりません。
また、「美しい」住まいは、架構や仕上げに「自然素材」をふんだんに使い、プロポーションの良い家だと思います。

人は「本物」の素材に囲まれていることで、心豊かに気持ちよく暮らすことができると思います。「本物」とは「本来の物」と考えます。「本来の物」は、むかしからつくられてきた「古民家」をみるとよくわかります。
住まいは、住む人の立ち振舞いを美しくする事ができる「用の美」つまり「機能」と「美しさ」を備えていることだと考えます。

控えめで暮らしの邪魔をせず細部にまでこだわるデザインを「美」ととらえ、実用的な間取りと性能の「用」は環境を壊すことなく、生活の変化を楽しむことができると考えます。さらに風景に溶け込み、原風景をつくる家づくりを私たちは「古民家」から学んできました。日本の伝統の「木組の家」と温熱性能を向上させることで、利便性を備えた快適な「住まい」が実現します。

わたしたちは、長く愛されて丈夫な「いつか古民家となる」ような、美しい家づくりを目指しています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【資料ID】 72100097
    【請求記号】 527/M
    【配置場所】 普通図書


    美しい”木組の家”づくりに懸けた建築家の”成果”と”主張”。

    建築家である著者が事務所創設以来35年間多くの仲間たちと丹精込めて作り上げてきた日本独自の伝統構法による「木組の家」をとりまとめた「写真集」です。

    外観からも内装からもその木のあたたかみや美しさが独特な魅力となり、写真を見ているだけで圧倒的に魅せられます。

    木の香りを吸い込みたくて思わず深呼吸しそうになる。

    ”画像”として切り取られた窓から漏れるあたたかな夕時の暖色の灯り、午後窓から差し込む日光のひかりが、一層木組の家のゆっくりと流れる時間の中、美しい世界へとわたしたちを誘ってくれます。

    是非手にとってご覧ください。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1955年 福井県大野市生まれ
1977年 東京芸術大学美術学部卒業・工業デザイン専攻
1979年 東京芸術大学大学院美術研究科修了
環境造形デザイン専攻株式会社現代計画研究所入社
都市計画・アーバンデザイン担当
本郷台駅前広場設計担当(横浜市)
1985年 松井郁夫建築設計事務所設立
1992年 まちづくりデザイン室併設
女子美短大講師
1993年 有限会社 松井郁夫建築設計事務所設立
東京芸術大学講師
金沢工芸大学講師
内閣府地域伝導師
2003年 ものつくり大学講師
国土交通省大工育成塾講師
2006年 株式会社松井郁夫建築設計事務所に変更
2009年 一般社団法人ワークショップ「き」組代表理事に就任
2011年 一般社団法人 住宅医協会理事
一般社団法人地域素材利活用協会理事

「2019年 『古民家への道』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松井郁夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×