海がたり 黒潮ストリート

著者 :
  • ぷねうま舎
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910154121

作品紹介・あらすじ

カヤックを突き上げる波、踊らせるうねり、海のラーガ(旋律のうねり)とビートに身をゆだね、噓のない生命感と繊細な身体感覚を研ぎ澄ませて、「海」をかたり、文明の危機と向き合う。
延べ三千日以上、シーカヤックとともに黒潮の上にあった冒険者による、壮大なスケールの黒潮文明論──紀州・熊野から出雲、九州西岸(平戸島、五島列島、甑島)へ、そして奄美から琉球へ、その道は列島の自然文化と歴史の成り立ち、さらには祈りと祭りの起源をたどる「いのちの海旅」であった。
原発事故やコロナ禍が語る人類史的な危機を乗り越えるための、黒潮回廊のヴィジョン、21世紀は環境の世紀であり、「面白い時代」になる……。

著者プロフィール

1970年、兵庫県明石市生まれ。プロのシーカヤッカー。単独日本一周航海ほか、世界20カ国におよぶカヤック・トリップを経験。その海の旅から、独自の生命感を立ち上げ、文化論へと説きおよぶ書、『インスピレーションは波間から──自然の教えを知るシーカヤック地球紀行』(めるくまーる、2019)を書き下ろす。本作はその前作と「対」になる作品である。両作品を皮切りに、野生の感性と知性の総合を試みる、まったく新しいタイプの海洋冒険者として、文筆活動を本格化。紀州・湯浅町のアウトドアショップ「アイランドストリーム」代表。シーカヤックを中心に、トレッキング、キャンプなどのツアーを企画し、自然の素晴らしさといのちの歓びを広く伝えている。

「2020年 『海がたり 黒潮ストリート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平田毅の作品

海がたり 黒潮ストリートを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×