雪ダルマは生きている

  • ぷねうま舎
4.50
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910154138

作品紹介・あらすじ

フランスの絵本作家、デデューが、いのちと水の循環を描いた紙芝居。
日々の現実の底を、たしかに流れ続けている、いのちのめぐりを、
そして、本当にリアルなものとは何かを、ユーモアたっぷりに語りかけます。

  雪ダルマは ほかのだれよりも あそび上手。おどけたり、なぞなぞをだし 
  たり、おもしろい話をしてくれたりします。
でも、だんだん暖かくなると、雪ダルマから力が抜けて──
  とうとうある日、リスが出会うと……雪ダルマは もう融けていなくなっ
  ていました。
しかし、悲しみは続きません。
  クマの先生が学校で リスとフクロウとハリネズミとウサギに教えてくれ  
  たから……雪は融けて水になり、水は自然に山から海へと流れていくと。
そして、
  やあ みんな、と大きな声がきこえてきます。大きな入道雲の上に 雪ダル
  マがすわっていたのです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 森のみんなは
    雪ダルマといっしょに すてきな毎日を すごしてきました

    でも もうすぐ春です
    あたたかくなるにつれて 雪ダルマから 力がぬけていきました

    そして とうとう……雪ダルマは とけて いなくなってしまいました

    雪はとけて水になり
    水は自然に 山から海へと 流れていく
    と教わった森のみんなは 雪ダルマにあいに 出かけます

      ・

      ・

      ・

    いのちと水の循環をユーモラスに語りかける

    厚みのある表紙を使った堅牢な造本
    23cm×31cmの大型サイズ
    ページいっぱいに描き込まれた動物の濃密な描写
    動物の低い視点にあわせたダイナミックな構図
    冬景色、夜、夜明け、雲……暗めの色調ながら暗さを感じさせない色づかい

    フランスの絵本作家によるクリスマス三部作の一冊、原書は2016年刊

    『雪ダルマは生きている』2021年1月
    『雪ダルマ サンタクロースをさがして』2021年11月
    『クリスマスに オオカミは』2021年11月

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1955年、フランス南部生まれの絵本作家、ティエリー・デデューが放つ、手をつなぎ合ういのちの賛歌。邦訳既刊『ヤクーバとライオン』1、2、『まよなかのたたかい』。

「2021年 『雪ダルマは生きている』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ティエリー・デデューの作品

ツイートする
×