東洋哲学序説 井筒俊彦と二重の見 (未来哲学双書)

著者 :
  • ぷねうま舎
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910154145

作品紹介・あらすじ

気づき・さとり・証、それはどういう経験のかたちなのか。井筒俊彦の思考の道を、その内側から精密にトレースする宗教的経験の現象学。意識と本質、言語と経験……このはざまにひろがる豊饒にして逆説に満ちた思索の場を歩み、イスラーム、ロシア、そして禅モデルと密教モデルなど、多元的な様相を具える宗教言語の詩的可能性を拓こうとする。

姉妹編『東洋哲学序説 西田幾多郎と双面性』近刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「二重の見」で読み解く井筒東洋哲学。
    井筒俊彦入門として分かりやすい。
    ウィルバー的に言えばevolutionとinvolutionの二重性。
    華厳では理事無碍と事事無碍。
    道元なら「水,水を見る」。
    大乗なら「一に非ず,異にに非ず」。
    などなど,確かに東洋哲学には,
    二重の見というモチーフが通底しているように思われる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京大学大学院教育学研究科修了。現在、京都大学大学院教育学研究科・教授。専門は、教育人間学、死生学、哲学。おもな著書に『無心のダイナミズム』(岩波書店)、『エリクソンの人間学』『魂のライフサイクル』『ライフサイクルの哲学』(いずれも東京大学出版会)、『稽古の思想』『修養の思想』『養生の思想』(いずれも春秋社)など。

「2021年 『共に生きるスピリチュアルケア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西平直の作品

ツイートする
×