恩寵の力 ー必然性に導かれた人生の答え

著者 :
  • 蓮華舎
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910169057

作品紹介・あらすじ

「自分を超えたものに到達するときには、絶対に聖なる恩寵を必要とします。自分の努力ではなく、向こうからやってくる恩寵の力を受けなければ、自分が自分を超えることはできないのです。」(本文より)

十代でインドに渡った著者は、インドやチベットの高僧・活仏たちに愛されながら修行を続けるも、日本での役割があるとの師の命で帰国。社会生活を送る中、修行の総仕上げのような予期せぬ荒波に揉まれることになる。その人生を成就させ、究極的な理解へと導いたのは「恩寵の力」だった。

本書は、著者の歩みと二十年以上にわたる教えをはじめて公開しており、あらゆる宗教や信仰の根源となるものに向かう希求の心に応える一冊になっている。

また、すべての背後にある「必然性」への言葉を超えた理解を促し、一人ひとりの「人生」に必ず存在する、それぞれの「答え」を探し当てるために、自分と世界をどのように感得していけばよいか? に対する、力強い導きを与えてくれる。

前半は、著者の数奇な半生を綴る自伝と術語解説、後半は、著者の愛の溢れる講話と問答のエッセンスを掲載。内容をさらに深めた続編『母の力ーすべての創造の根源からの教え』の刊行も予定。

<目次>

はじめに

第一部 みこころと共に
 私自身のこと
 術語解説
   神
   一元的神、二元的神
   みこころ
   恩寵
   マーヤ
   悟り
   魔境
   導師
   もうひとりのグル
   宗教

第二部 講話と問答
 I  自己を探究する
 II マーヤという認識を持つ
 III 恩寵とみこころ
 IV 神と悟り
 Ⅴ 愛

編集者覚え書き

著者プロフィール

1965年東京生まれ。幼少期より度重なる臨死体験とその体験よりもたらされた感覚によって、神秘の世界に目覚める。
8歳のときに弥勒菩薩との遭遇により歩むべき道を確信し、13歳からはキリストを愛し、日々祈りの中で過ごす。15歳でヨーガと出会う。17歳で人生のテーマは平和の実現だとわかる。
宗教的感性によってインドへと導かれ、ビハール・スクール・オブ・ヨーガ主宰、スワミ・サッテャーナンダ師の弟子となり、21歳までヨーガの修行をする。師の助言に従い仏教の勉強を始め、チベット仏教のサキャ派の法王であるサキャ・ティチェン師と出会い、師の元で修行が始まる。26歳からは、チベット仏教四大ラマの一人であるニンマ派最高峰の生き仏、ミンリン・ティチェン師の弟子となり、ゾクチェンやその他の教えを学ぶ。師から、自分の役目は日本にあると言われ日本に帰国。29歳から日本での本格的な生活が始まる。
35歳のときに恩寵により人生における疑問のすべてが解消し、以来、自らの人生での経験や理解を通して得られた知識を教える日々を過ごしている。
著作に『恩寵の力―必然性に導かれた人生の答え』(蓮華舎 刊)

「2022年 『母の力 ーすべての創造の根源からの教え』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩城和平の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×