みんな知ってる、みんな知らない

  • U-NEXT
3.21
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 119
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910207032

作品紹介・あらすじ

1995年6月4日、奇しくも同じ日に起こった“事件”により、9歳の二人の少女は49日間、一人きりでの軟禁を余儀なくされた。奇跡的に生還を果たして20年後、封印してきた記憶を二人が徐々に取り戻すとき、再び事態が動き出す! 韓国人女性作家の新星による、スリルに満ちたサスペンスの傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 9歳の2人の幼い女の子の身に起こった2つの事件。苦しく恐ろしい事件だったが、事件後、子供たちから事件の記憶は消えていた。大人になってから記憶が戻り、事件と向き合っていく。

    子供の頃に受けた苦しみは、時間が経過してもトラウマとして自分の身に付き纏うものだろう。実際にこのように事件に巻き込まれ、苦しんでいる人たちがいると思うと胸が痛んだ。

  • 目を覚ましたヨヌはお母さんにトイレに行きたいと言ったのに、お母さんは許してくれない。お父さんがヨヌをおんぶした。いつもはこんな事をしてくれないのに。一歩外に出たら、マンションの玄関前に人々が長蛇の列を作っていた。カメラのフラッシュがたかれ、思わずヨヌはお父さんの背中でおしっこを漏らしてしまった。人生で最大の恥だ。それから、救急車で病院に送られ、多くの人から色々と聞かれたが、ヨヌは何も覚えていなかった。囚われていた四十九日間の出来事を…。世間の人は、犯人から送られてきた音声テープや写真でヨヌの様子を知っていたというのに…。もう一人、誰も知らないが、ユシン自身も心に閉ざしてしまった出来事が起きていた…。同じころに同じ九歳の女の子に起きた出来事。二十年後、二人が記憶を徐々に取り戻すと、事態がまた動き出す。

  • 1995年6月4日、9歳の二人の少女は49日間の軟禁を余儀なくされた。
    一人はチョン・ヨヌ。
    記憶を失った彼女にとって、
    自分だけが事件の詳細を知らないというのは恐怖だった。
    もう一人はユシン。
    自身を守るため意図的に消した記憶。
    それぞれの事件の様相が淡々と描かれていく。

    皮肉なことに年月が経てば忘れ去られてしまう。
    それがいいことなのか。
    タイトルの
    「みんな知ってる、みんな知らない」がしっくりくる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1983年生まれ。韓国の名門国立大学、慶北大学校で国語国文学を専攻。卒業後、アニメーションや映画の脚本家として頭角を現した。子供向け絵本作品でキャリアを積んで評価を得て、作品は中国や台湾、フランスで翻訳出版されている。現在はチェコ共和国の首都プラハで、大人向けのミステリーを中心に作家活動に取り組んでいる。『切った爪』『おやすみ、ココ』といった絵本の他、写真小説『骨』といった作品がある。

「2021年 『みんな知ってる、みんな知らない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

チョン・ミジンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀬尾まいこ
ソン・ウォンピョ...
馳星周
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
辻村 深月
カズオ・イシグロ
村田 沙耶香
加藤シゲアキ
寺地 はるな
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×