鄭芝溶詩選集 むくいぬ (CUON韓国文学の名作 4)

著者 :
  • CUON
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910214320

作品紹介・あらすじ

「1935年に『鄭芝溶詩集』が出版された時、
朝鮮の詩は大きな転機を迎えた。
近代と現代を敢えて分けるなら、
ここから現代詩の時代に入ったと言っていいだろう」
(訳者解説より)

同志社大学在学中、北原白秋にその才能を称賛された鄭芝溶は、やがて母国の言葉で近代人の感情を繊細に描いた『鄭芝溶詩集』(1935年)で韓国詩壇を熱狂させ、尹東柱など多くの人々に影響を与えた。
代表作以外に、留学時代の思い出を綴ったエッセイも収録した詩選集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前々から言っていることではあるんだけど、詩はやっぱりあまりよく分からないし、それが海外の翻訳のものだとなおさらという感じではある。
    このシリーズ(韓国文学の名作)は全部読んできているのだけど、まあ、これからのも楽しみにしています。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

鄭芝溶=著
清北道沃川生まれ。
徽文高等普通学校卒業後、1923年から同志社大学に留学、予科を経て英文科を卒業した。
早くから北原白秋に私淑し、留学中に白秋主宰の雑誌『近代風景』に日本語詩を投稿して掲載されたこともある。
徽文高普教師、梨花女子大学教授、京郷新聞主幹などを歴任。
『文章』誌では詩部門の選者として有望な新人を発掘し、京都で洗礼を受けて以来、カトリック教会関係の仕事にも尽力した。
朝鮮戦争中に行方不明になり、その頃死亡したと思われる。
感覚的な言語で近代人の心理を繊細に描いた芝溶の詩は1930年代後半の詩壇に圧倒的な影響力を与えたが、韓国では彼が〈越北〉したとして作品は1988年まで発禁処分を受けていた。
詩集『鄭芝溶詩集』『白鹿潭』のほか、エッセイ集『文学読本』『散文』がある。

「2021年 『鄭芝溶詩選集 むくいぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鄭芝溶の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×