たべるたのしみ

著者 :
  • millebooks
3.53
  • (7)
  • (17)
  • (30)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 425
感想 : 17
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910215020

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 甲斐さんのエッセイのファンになってしまった。
    おいしい気持ちを誰かと分かち合いたい気持ちが一冊を通して伝わってくる。共感!
    生きている食べられるもの、分かち合えるものって限られているんだよなぁと改めて感じて、もっと食べることを楽しみたくなった。

  • “私にとって食べることは、生きることだ”永遠に輝き続けるおいしい味の記憶を綴った54の物語。誰もの心の奥にある、いつのかの日の食の記憶を思い出し、懐かしい人や風景が鮮明に呼び起こされます。「たべるたのしみ」が存分に味わえる、あたたかく美味しい随筆集です。

  • 「なんだか読んだことがあるような・・・?」と思った文章は、他の本で読んだ部分でした(『気持ちが伝わる おいしい贈りもの』などで)。

    甲斐みのりさんの思い出話、優しくて好き。
    特に、美穂子さんとの交流はとても素敵だった・・・。『京都・東京 甘い架け橋-お菓子で綴る12か月の往復書簡』は未読だから、読んでみたいな。

  • 甲斐さんのファンで手土産を買う参考にずっとしています。甲斐さんの食べ物に関する審美眼はスゴイなぁ、と思っておりましたが、今回はそのルーツ的な事を知りました。京都の六曜社のコーヒーは私も大好きでして、また行きたくなりました。

  • たべるたのしみ
    著作者:甲斐みのり
    発行者:mille books
    タイムライン
    http://booklog.jp/timeline/users/collabo39698
    人生最後の食への思いは生きることの挑戦である。

  • お菓子を主にした食エッセイではあるけれど、
    『味』や『見た目』のみならず
    その食べ物の背景や歴史、周りの風景などまで
    慈しみ 丁寧に綴られた文章でした。

    贈り物が好きな方にもおすすめ!

  • 写真がないので、想像しながら読みました

  • 幸せな気持ちになれるエッセイ
    一気に読むのではなく
    一章づつちょっとづつ読む

    長崎堂のクリスタルボンボン
    食べてみたいな

    せとまちブックマルシェにて購入

  • フォントも表紙の装丁も好み!
    食べること、美味しいものを分かち合うことの喜びを感じる本。

  • 2022.01.22

    食のエッセイ本が好きなのでワクワクしながら読んだけど、思ったより好きな感じではなかった…。
    食べ物のエッセイは想像するのも楽しいけれど、挿絵が欲しいなあ…と思った。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

文筆家。静岡県生まれ。日本文藝家協会会員。大阪芸術大学文芸学科卒業。旅、散歩、お菓子、地元パン®️、手みやげ、クラシックホテルや建築、雑貨や暮らしなどを主な題材に、書籍、雑誌、webなどに執筆。主な著書に『歩いて、食べる 東京の名建築さんぽ』『歩いて、食べる 京都の名建築さんぽ』(エクスナレッジ)、『たべるたのしみ』『くらすたのしみ』(ミルブックス)、『一泊二日 観光ホテル旅案内』(京阪神エルマガジン社)、『クラシックホテル案内』(KKベストセラーズ)、『アイスの旅』(グラフィック社)、『にっぽん全国おみやげおやつ』(白泉社)など。

「2022年 『乙女の東京案内』 で使われていた紹介文から引用しています。」

甲斐みのりの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×