植物癒しと蟹の物語

著者 :
制作 : コトノハ 
  • コトノハ
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910308012

作品紹介・あらすじ

ピクシブ文芸大賞受賞作家 待望の新作登場!
自分の声が 聴こえなくなったとき 心の植物を 癒す旅が始まる。傷ついた植物たちの話を聴き、心を癒す「植物癒し」の旅の物語。 不思議な生き物との出会い、その果てに読み手がたぐり寄せる、大切な真実とは ── がんで娘婿を亡くしたカウンセラーが、小説家に依頼して完成した、「生きる」ことについての寓話。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コトノハの版元日誌 | 版元ドットコム
    https://www.hanmoto.com/nisshi987

    植物癒しと蟹の物語|The Story of Plant Healers and Cancer
    https://shokubutsu.cotonoha.co/

    コトノハ|編集と出版
    https://cotonoha.co/

  • 「現代の三島由紀夫」と評される著者が、親しい方のために心をこめて書いたファンタジー。

     いろんなことにがんじがらめになって傷ついて疲れた私を、ただそこにあるだけで癒やしてくれる、不思議なお話です。

    ”ほら、よく考えてもごらんよ。
    まず、ぼくらのなにもかもが無駄だってことがわかったとする。
    でも、そのあとでもう一度落ち着いて考えてみれば、
    価値がなにもない以上、ぼくらはほかのなにものとも比べ合うことができないということがわかる。
     すると、今度は逆に、無駄なものがこの世からひとつもなくなってしまうのさ。”

     そう、この世には、なにひとつ価値のあるものはなく、
    そしてまた、なにひとつ無駄なものはないのです。

     ひとりでも多くの方に、この物語が届きますように。
     

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1994年生まれ。兵庫県出身。2018 年に幻冬舎・テレビ朝日・pixiv三社合同の小説コンテスト、ピクシブ文芸大賞で大賞を受賞し、幻冬舎から『Q&A』を出版。テレビ朝日にてドラマ放送。2019年、韓国語版が出版される。

「2020年 『植物癒しと蟹の物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林大輝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×