作品紹介・あらすじ

僕をつくったあの店は、もうない――。
子供の頃、親に連れられて行ったレストラン、デートで行った喫茶店、仲間と入り浸った居酒屋……。誰にも必ず一つはある思い出の飲食店と、舌に残る味の記憶。
「どこにあるかわかんねー」とか「もうなくなっちゃったよ」とか「事情があっていけない」、あるいは「くっそまずくてもう行かねえ!」とか、そういう誰かの記憶に残るお店の数々を、人気芸人からアイドル、作家、ミュージシャン、映画監督、芸術家、マンガ家、イラストレーター、クレイジージャーニー、クリエイター、編集者に女王様まで、各界の著名人総勢100人が100通りの文体で綴る悲喜こもごもの人生劇場。

もう行けない店、味わえない味、酔っぱらえないカウンター。100人の記憶と100軒の「二度と行けないあの店」について、640頁の大ボリュームと都築響一による写真でお届けする追憶のグルメガイド――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「二度と行けないあの店」を100組が綴る 都築響一編著『Neverland Diner』 - 書籍ニュース : CINRA.NET
    https://www.cinra.net/news/20201231-neverlanddiner

    Neverland Diner――二度と行けないあの店で – KENELE BOOKS
    https://books.kenelephant.co.jp/products/9784910315027

  • 二度と行けないあの店での食事ーそれをNeverland Dinerと名付け、エッセイスト・編集者・作家など100人・100軒の記憶を都築響一が編集した一冊。

    都築響一の人脈の広さ故か、本書に登場するのは俵万智、いしいけんじ、水道橋博士、土岐麻子、高野秀行、村田沙耶香、大竹伸朗などと幅広い(ただ、編集者なども名を連ねているため、こうした著名人は全体の割合からすれば多くはない)。著名であるかどうかに関わらず、記憶を頼りに忘れられない店での食事を思い出す各自の追想は切ないものもあれば、面白おかしいものあり、自分にとっての店はどこだろう、とつい考えてしまう。

  • コロナが終わったら、もっと二度と行けない店が増えるんだろうなと寂しくなりながら読んでる。

  • 636頁まで読んできて、あとがきで「エクストリームに使えない本」と書いてあって、笑ってしまいました。存在しない店なので。実用的なガイドブック600頁超えだったら読まずに場所や季節で調べる辞書機能になりそうです。ない店に人それぞれの行った記憶だけがあるところが面白いです。中には幻想的なストーリーもあって、これは冒頭で編者が言われた料理店小説というジャンルがあってもよいに該当するのではないかと。「注文の多い料理店」に並んで。

  • 美味しそうなグルメ紀行かと思えば、ほっこりエピソードから、ちょっと君の悪い「世にも奇妙な物語」的なエピソードまで、実在したのかどうかもあやふやなあの店、あの食べ物、記憶の中に残る五感の断片。ストーリーとしても面白かったし、やや民俗学っぽいところもあった。どれも「二度と行けない」ことでさまざまな思い出補正がかかってると思うが、その補正のかかり方も語り手それぞれだ。

    しかし手に取るまでこんな分厚い本だとは思わなかった。図書館で受け取ったときに思わず苦笑w辞書以外でこんなに分厚い本、「二度と」手に取らないんじゃないかなw

  • 「二度と行けない」理由がただ閉店したからだけではなく、子供の頃に連れて行かれて場所がわからないから、店に付随する思い出に近づきたくないから、など人それぞれなのがおもしろい。

    店はドアを開けない限り中に何があるのか分からず、すなわち他人がどんな店体験をしているのか知る機会は少ないが、本書ではそんな個人的な思い出を覗くことができる。

  • 二度と行けないあの店での体験にこびりついたその人の記憶や思考、人生の歩みというのがこんなにも面白いなんて。

    それぞれが自分が生きることのないような人生であることはもちろん、普段文章にも触れる機会のない方々ばかりですごく新鮮に読みました。

    やっぱりくどうれいんさんの文章が最高でした。

    わたしのNeverland dinerはどこだろう。

  • もう行けない/行かない飲食店をあらゆるジャンルの著名人が思いを込めて綴るエッセイ集。人選も取り上げる店も多種多様。読み進むうちに、自分なら行きたくても行けない店はどこだろうと考えることはしばしば。食の記憶を永遠に残るもののようだ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1956年東京生まれ。1976年から1986年まで「POPEYE」「BRUTUS」誌で現代美術・デザイン・都市生活などの記事を担当する。1989年から1992年にかけて、1980年代の世界現代美術の動向を包括的に網羅した全102巻の現代美術全集『アートランダム』を刊行。以来、現代美術・建築・写真・デザインなどの分野で執筆活動、書籍編集を続けている。
1993年、東京人のリアルな暮らしを捉えた『TOKYO STYLE』を刊行。1997年、『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』で第23回木村伊兵衛写真賞を受賞。現在も日本および世界のロードサイドを巡る取材を続けている。2012年より有料週刊メールマガジン『ROADSIDERS'weekly』(http://www.roadsiders.com/)を配信中。近著に『捨てられないTシャツ』(筑摩書房、2017年)、『IDOL STYLE』(双葉社、2021年)など。

「2021年 『Neverland Diner』 で使われていた紹介文から引用しています。」

都築響一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀬尾まいこ
都築 響一
村田沙耶香
岸 政彦
劉 慈欣
村田 沙耶香
岸政彦
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×