リト

  • モナ森出版
4.17
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910388007

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 職場の上司からプレゼントしていただいた本。

    素敵すぎて、感想と感謝の気持ちをややテンション高めでお伝え。
    「よかった?!私はまだ読んでないのよ~」には …えー!?笑 
    頂いた私が逆にお勧めする変な展開に。でも喜んでくれたので、感謝が伝わってよかったです。

    あのとき、若干鼻息あらかったかもしれない…今頃だけど振り返るとちょっと恥ずかしくなった。

    星の王子様を、心にもっとやさしく分かりやすく届けてくれるような一冊でした。


    かけがえのないもの。
    お互いにどんなふうになっても、大切と思える間柄だよ。


    また、年明けに読み返そうと思います^^

    • nejidonさん
      胡桃さん。
      いつも心のこもったレビューで、こちらに訴えて来るものがありますね。
      ところで山元加津子さんには[きいちゃん]という名作があり...
      胡桃さん。
      いつも心のこもったレビューで、こちらに訴えて来るものがありますね。
      ところで山元加津子さんには[きいちゃん]という名作があります。
      きっとお気に召すと思いますよ
      2020/12/02
    • 胡桃さん
      nejidonさんこんばんは⭐︎彡

      ついつい感情まかせに書いてしまってあちゃちゃ、、ですがnejidonさんにそう言っていただけて、とても...
      nejidonさんこんばんは⭐︎彡

      ついつい感情まかせに書いてしまってあちゃちゃ、、ですがnejidonさんにそう言っていただけて、とても嬉しいです。


      「きいちゃん」ですね!この著書で山本加津子さんが大好きになり、他の作品も読んでみたいと思っていたので、nejidonさん紹介して下さりありがとうございます。
      なんだかとっても良さそうなので、読みたくてうずうずしてきました(((>_<)))
      2020/12/02
  • このお話を読んで、今起こっていることは、必然なのだと感じました。
    世界中の人が、本当にかけがえのないものに気づいた時、素晴らしい世の中になっていくのだな、と気づきました。
    1人でも多くの人にこの本を読んでもらいたいです。
    先ずは身近な人からですね。

  • リト という名前の 犬の話

    コロナの渦中に 読んでもらいたい
    今だからこそ という本でした

    • やきにくさん
      会うべき人に会った

      パンが美味しそう
      会うべき人に会った

      パンが美味しそう
      2021/02/24
    • moe525さん
      パン 売りに来て欲しいよねえー
      手作りに惹かれて パンレシピと材料は
      揃えたよーw
      (林檎の酵母は上手になってからかなあ)

      出逢...
      パン 売りに来て欲しいよねえー
      手作りに惹かれて パンレシピと材料は
      揃えたよーw
      (林檎の酵母は上手になってからかなあ)

      出逢えるって すごいことだよねえ
      うん とっても。
      2021/03/27
    • やきにくさん
      出逢えるってすごい
      ほんとうに そう思います

      美味しいパン できるといいですね
      出逢えるってすごい
      ほんとうに そう思います

      美味しいパン できるといいですね
      2021/03/27
  • かけがえのないもの
    失ったときに
    がまんできないほど悲しくなるもの

    • ごうごうごうさん
      かけがえのないもの
      とにかく大切なもの
      失うものでもある
      辛いね
      かけがえのないもの
      とにかく大切なもの
      失うものでもある
      辛いね
      2021/02/04

  • 優しく 素敵な物語でした
    今 自分に出来ること
    見つけたいです

    • やきにくさん
      僕もお尻叩かれないと動かないタイプですよ。黙りこんで自分の内側の誰かと話してばかりで。むりに進まなくてもいいと思います。タイミングとか環境と...
      僕もお尻叩かれないと動かないタイプですよ。黙りこんで自分の内側の誰かと話してばかりで。むりに進まなくてもいいと思います。タイミングとか環境とかいろいろありますし。必ず見つかりますよ。
      2021/01/27
    • ごうごうごうさん
      楽しみになってきた
      楽しみになってきた
      2021/01/27
    • やきにくさん
      貸してくれると言ってくれてる知人は、とっても変な人なんですが、いい人です。早く読みたいな。
      貸してくれると言ってくれてる知人は、とっても変な人なんですが、いい人です。早く読みたいな。
      2021/01/27
  • 読みやすかった
    神秘的な内容
    あとがきが興味深かった
    「自信の根本のエネルギーを信じる」ことに背を押してくれる

  •  山元加津子著「リト」を読みました。著者は元養護学校教諭で、現在は作家として活動されている方です。筑波大学名誉教授の村上和雄氏も寄稿されています。

     「リト」とは主人公の子犬の名前。背中に天使の羽根のような模様がついている犬だということです。この「リト」という名前ですが、誰も呼んでくれたことがないのですが、リトは自分が「リト」という名前だということを知っているとありました。ちょっと訳がわからないのですが、「名前というものは、本当は名付けられる前から決まっていて、犬も赤ん坊もみんな生まれたときから自分の名前をもっているものなのです。」とありました。この時点では、ちょっとどういう意味なのか測り兼ねましたが、読み進めていくと、「いらないものは何一つなく、起きることも出会うことも、存在するものも、みんな必要で大切ってわけさ」とありました。そうしたことが「ガシューダのお導き」と表現されているのですが、この「ガシューダ」こそ、村上和雄氏の言うところの「サムシング・グレート」だということでしょう。

     リトは生れ落ちて、おなかをすかせた状態で大変な目に遭います。一時的に安住の地を見つけますが、そこは「かけがえのないもの」と違うと分かり、自らその場を離れます。そこからまたいろいろあるのですが、最後に「かけがえのないもの」に出会うことが出来ます。しかし、そんな最中で世の中は流行り病が起こります。今のご時世にピッタリのお話かと思いましたが、2020年の9月に出版された本なので、このご時世に書かれた本でした。読んでいて、勝手にトラディショナルな印象を受けており、古い本だと決めつけておりました。

     物語は「どんなことも、いつかのいい日のためにある。怖い流行り病さえも」という言葉で締めくくられておりました。いい言葉だと思います。ある程度の年齢になって、そこそこ勉強もさせて頂いて、そんなことを思えるような気持にもなりましたが、若い頃って目の前の事象が一番重要で、それに一喜一憂していたなぁと懐かしく思いました。絵本にするなどして、子どもに読み聞かせしたいような本です。

     村上和雄氏の寄稿には「コロナウイルスのための自粛が徐々に解除になった時に、元の生活に戻ることだけを目指すことは、このコロナ禍から何も学ばなかったといえるのではないでしょうか?」とありました。仰る通りだと思いますが、それでも意外と元通りになってしまいそうな気もします。

    いずれにしても、なんともほっこりさせてもらい、前向きになれるお話でした。

  • コロナやら何やらで自分の中で価値観が変わりつつある今、優しさを思い出させてくれるお話しでした。特に、"役立つ"こと、"仕事"について自分を納得させられるような言葉が見つかりとても嬉しいです。 この本で云う「ガシューダの魂」のような存在については、あるとも無いとも深く考えたことがないけれど、ピンチの時に何故か祈ってしまう"神様"はいる。誰でもいるのか? 悲しいこと、今は特にコロナ禍に意味なんて見出せないけれど、「当たり前」がどんどん変わっているので自分が死ぬまでには俯瞰で見られるようになっていればなあ、と。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1957年石川県金沢市生まれ、小松市在住。富山大学理学部化学科卒業。元特別支援学校教諭、作家。『きいちゃん』(アリス館)、『本当のことだから』(三五館)、『手をつなげば、あたたかい。』(サンマーク出版)など著書多数。映画『1/4の奇跡』『宇宙の約束』『僕のうしろに道はできる』に出演、『銀河の雫』を監督。PHP研究所編『世界の女性名言事典』にはマザー・テレサら42人のうちのひとりとして紹介されている。
特別支援学校教諭時代の生徒との触れ合いや、子どもたちから教わったことを先生・生徒の関係を超越した平らかな視点でいきいきと紹介するエッセイ、絵本が感動を呼ぶ。意識障害の方の回復方法や思いを伝え合う方法を広める「白雪姫プロジェクト」を設立、回復困難と思われていた方々に変化があったとの声は全国から多数。みんなで幸せになろうを合言葉に現在も活動は続いている。
人が大好き、自然が大好き、作ることが大好き、旅が大好き。どこまでも心やさしい一面とともに、ゆずらない芯の強さも垣間見せる。そんな“かっこちゃん”の日常は毎日届けられる無料メルマガでも楽しむことができる。

「2017年 『みみずと魔女と青い空』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山元加津子の作品

ツイートする
×