エレメンツ

著者 :
  • 素粒社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910413013

作品紹介・あらすじ

田中裕明賞受賞の前句集『凧と円柱』(2014年、ふらんす堂)よりおよそ6年後の著者第3句集。

『プレバト‼︎』もいいけど、ガチの俳句の世界では、言葉はこんなにも更新されているんです--

火が紙にくひ込んでゐる麦の秋
ストローを銜へるひとりづつ霞
消ゴムに小暗い栗鼠をからめとる
いうれいは給水塔をみて育つ
ラクロスは兎の夢で出来てゐる
こはるびの粒々のパラシウトたち
t t t ふいにさざめく子らや秋
つきゆびは歌をとめどもなく辿る
あきらかに私の位置に鹿が立つ



『ガイコツ書店員 本田さん』『ほしとんで』作者、本田さん推薦句集!!!

粒々であり、波であり、
そんな句が澄ましていきいき並ぶので、
なんだか光にあふれています。
一句ずつ、ちゃっかり意識を持っていそう。
(本書帯文より)

著者プロフィール

1969年千葉県木更津市生まれ。1996年俳句結社「魚座」(今井杏太郎主宰)にて俳句を始める。「魚座」終刊にともない、2007年「雲」(鳥居三朗主宰)入会、編集長。「雲」退会後、2015年に俳句同人誌「オルガン」創刊参加。俳句研究賞、俳人協会新人賞、田中裕明賞受賞。句集に『凧と円柱』(2014年、ふらんす堂)、『こゑふたつ』(2005年、木の山文庫)。

「2020年 『エレメンツ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鴇田智哉の作品

ツイートする
×