シャネル哲学: ココ・シャネルという生き方 再生版

著者 :
  • ブルーモーメント
3.64
  • (2)
  • (6)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 566
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910426020

作品紹介・あらすじ

「シャネル哲学を、つねに自分の中心に置く必要はない、と私は思う。
 ただ、心の、頭の、体の片隅の小さなジュエリーケースにそっとしまっておくと、思いがけないシーンで、それが鮮やかにあらわれることがある。それは、そのときどきで、勇気、叱咤、決断、激励、自己肯定といったさまざまな色彩をもつ。そして、いつだってなんらかのきっかけ、そう、一歩を踏み出す力を与えてくれる。」
(序章より)


 ガブリエル・シャネル。
 ココという愛称で知られるシャネル社の創業者であり、偉大なるファッション・デザイナー。
 孤児院から人生を始め、自力で「シャネル帝国」と呼ばれる一大ブランドを築きあげ、莫大な富と名声を手にしたシャネルは、驚嘆するほどのヴァイタイティで八十七歳まで生き抜きました。

 「私はモードではなくスタイルを作り出したのです」とシャネルは言いました。
 シャネルの人生を貫くキーワードとしては「ウエディングドレスを拒んだこと」、「怒り」「復讐」「自由」などいくつかあるけれど、もっとも重要なものとして「嫌悪」があります。

 シャネルのクリエイションの根本にあるものは嫌悪の精神。
 「嫌い」という心の叫びに忠実に生きることで、シャネルは世界的規模の「特別な人」に、時代を超越する「かけがえのない人」になったのです。 

 「ファッション革命」だけではなく「女の生き方革命」をも成しとげたシャネル。
 ゴージャスな恋愛、仕事への情熱、結婚への想いを「嫌悪の精神」に富んだ「シャネルの言葉」を織りこみながら、コンパクトかつ濃密に描き出した「ココ・シャネルという生き方」(2009年刊行)の再生版。
 出版以降に明らかになった「新事実」を加え、新たな装いで美しく蘇りました。
 
 人を嫌うのはいけないと思っている人、怒ることはマイナスだと思っている人、同性の友達が少ない人、経済的な自立を願う人、自分のために生きることが難しい人、そして、いったい自分はどんな人間でありたいか、そんなことを真剣に考えているすべての人に贈る、熱くてスパイシーな一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ココ・シャネルという生き方。
    KADOKAWAから出版された物を以前読んだことがあるので、初めてではないのに、やっぱり圧倒され、背中を押されました。
    亡くなってなお賞賛される彼女のように、少しでも強く格好良く自分のために生きてみたい。

  • 一言で言えば “強い女性” 芯があって
    しゃんとしてぶれないカッコいいひと。
    世の中、何においても批判は付き物だけれど
    自分の生き方にまっすぐでありたいと思える。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

一般社団法人M-StyleLuxe(エムスタイルリュクス) 代表理事。2008年プリザーブド・アーティフィシャルフラワー自宅サロンスタート。2014年リボンディプロマコースレッスンスタート。2016年 ”自由に楽しく自分のペースで働く形を応援したい”という理念のもと全国初のリボン協会一般社団法人M-StyleLuxeを設立。全国、海外に広がり2020年9月現在会員は4900名を超える。全国の百貨店でのPOP UP SHOP開催、ブランド監修、ブランドラッピングリボンデザイン、コラボ商品発売など幅広く活動中。

「2021年 『アレンジいっぱい! ハンドメイドのリボンBOOK』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口路子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カズオ・イシグロ
加藤シゲアキ
凪良 ゆう
ヴィクトール・E...
エーリッヒ・フロ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×