新世界 海賊の作法

  • ジー・ビー
3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 62
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910428055

作品紹介・あらすじ

ヴァイキング、プライベーティア、村上水軍……これらはすべて海賊の呼び名。時代や地域によって名前は変わるものの、やっていることは掠奪を主とした悪行の数々。悪いやつらには違いないのだが、「自由」や「冒険」、「財宝」など、胸が高鳴るパワーワードが並ぶのも彼らの魅力。古代から現代、西洋から東洋まで、「海賊」の暮らしやしくみ、文化などをたくさんのイラストを用いて紹介します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 海賊内にもルールが事細かにあったり、民を襲わずに貿易や警護で生計を立てる海賊もいた。もちろんその他は残虐。海賊にも歴史があるんだな。
    ただ残念なのは「村上水軍の娘」に触れていたが著者が間違えられていた。ただしくは和田竜。
    275冊目読了。

  • ・海賊とは何か。
    ・歴史の中で海賊が担った役割
    ・海賊の暮らし

    〇海賊のルール(命懸けなので、厳しかったようだ)や暮らしが興味深い。大航海時代の先陣。
    〇海軍寄りの海賊も海賊寄りの海軍もあった。
    〇領地を持たないからこそ、残虐性を持ったのかと思う。
    〇海賊旗の一覧や色・紋様の意味とかも知りたい。
    〇『パイレーツ・オブ・カリビアン』や『ワンピース』など、海賊系の映画やコミックなどが好きな人には、背景などが理解出来る。
    〇生々しい事件・記述もあるので、学校図書館には高校くらいからが良さそう。

全3件中 1 - 3件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×