日本の医療崩壊をくい止める: コロナ禍の医療現場からの警鐘と提言

  • 泉町書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910457000

作品紹介・あらすじ

「日本は感染症の病床数を20年間で5分の1に減らしてきた」
なぜPCR検査数が増えないのか? なぜ保健所は減ってしまったのか? なぜすぐに病床数を増やせないのか? 勤務医として約20年間、絶対的な医師数不足などの医療危機を訴えてきた本田宏が、新型コロナ禍で崩壊しつつある日本医療の、根本的問題を豊富なデータで解き明かす。
医療や福祉の予算を抑制する新自由主義的な「医療費亡国論」の呪縛を解き、日本を安心して生きられる社会にするために欠かせない1冊。北海道、東京、千葉、大阪、兵庫、徳島などコロナ禍の医療従事者17人が訴える「医療崩壊」現場の実態も取材。それら医療従事者が語る今後の日本医療のあり方に関する提言も。今こそ、日本の医療・福祉について考え直してみませんか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み


  • 日本の医療崩壊をくい止める | 泉町書房
    https://izumimachibooks.com/book/9784910457000/

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1954 年6 月16 日、福島県郡山市生まれ。
医師(外科医)。NPO 法人医療制度研究会副理事長。前埼玉県済生会栗橋病
院院長補佐。日本医学会連合労働環境検討委員会委員。
1979 年弘前大学卒業後、同大学第1 外科。東京女子医科大学腎臓病総合医療
センター外科を経て、1989 年済生会栗橋病院(埼玉県)外科部長、2001 年同
院副院長。

[主要著書]
・『高齢期社会保障改革を読み解く』(共著)、自治体研究社、2017 年
・『日本の医療崩壊をくい止める』(共著)、泉町書房、2021 年
・『日本の医療はなぜ弱体化したのか 再生は可能なのか』(編著)、合同出
版、2021 年

「2021年 『Dr.本田の社会保障切り捨て日本への処方せん 三訂版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本田宏の作品

ツイートする
×