拝み屋奇譚 災い百物語

著者 :
  • アプレミディ
3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910525006

作品紹介・あらすじ

宮城の人気拝み屋ホラー作家、
郷内心瞳の最新怪談シリーズが始動!!

宮城で拝み屋を営む著者の体験や各所で集めた“災い”にまつわる怖くて不思議な実話怪談を100話収録。

ひょんなことから発展した怪異に立ち向かい鎮魂を行う、拝み屋ならではのエピソードも満載。
点が線になっていく、新感覚の百物語です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 誤字とか校正で気になるところがちょっと多かったな。
    この本もいちおう実話、なんだよね?
    実話と仮定しますが、かなり物語よりの書き方。
    怪談はあったことだけを読みたいタイプなので、ちょっと苦手でした。
    よく出てくる登場人物を好きになれなかった。

  • ん~、もともと「奇っ怪な人形にまつわる怪しい事案」の顛末を描いた話があったのか?
    それを上手く分割して間に「どこかで聞いたような怪談小話」をつけて100話にしました。みたいな一冊。
    「奇っ怪な人形・・・」のエピソードはたしかに面白い。 でも、怪談小話はいただけない。 どこかで聞いたような話ばかり。
    体調がすぐれないせいなのかパワーダウンは否めませんね。 残念・・・ 

  • 内容は良かった。今年できた出版社らしいけど、校正をちゃんとしているのか疑問。同じ文章がほんの数行後に出てきたり、誤字なども気になった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1979年、宮城県生まれ。郷里で拝み屋を営む。2013年、「調伏」「お不動さん」の2作で第5回『幽』怪談実話コンテスト大賞を受賞。「拝み屋シリーズ」として、『拝み屋郷内 怪談始末』『拝み屋郷内 花嫁の家』『拝み屋怪談 逆さ稲荷』『拝み屋怪談 禁忌を書く』がある。共著に『渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉』。2018年8月、〈拝み屋怪談〉シリーズが映像化される。他に「拝み屋念珠怪談」シリーズがある。

「2022年 『拝み屋怪談 花嫁の家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

郷内心瞳の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×