夜明けの唄 1 (from RED comics)

著者 :
  • シュークリーム
4.60
  • (56)
  • (20)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 537
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910526041

作品紹介・あらすじ

【こんなファンタジーBLを、待ってたんだ。】

治癒の力をもつワンコ従者✕短命の無愛想な戦巫女

宿命と恋が絡みあう
巨弾ロマンス、開幕!

黒い海からくる化け物と闘うたび、
命が蝕まれてゆく戦巫女のエルヴァ。
それを知った少年アルトは憤り、
エルヴァが救われる術を探しながら、そばにいることを誓う。

そうして8年ーー。
アルトは精悍な青年へと成長した。
ともに過ごす日々で降りつもった恋心を、そっと胸にしまったまま…。

一方、数年の命と思われたエルヴァは、
何故かアルトと過ごすうちに回復の兆しをみせていて…?

健気に恋する忠犬ワンコと、無愛想な愛し下手が紡ぐ
ファンタジー・ロマンス、第1巻。

「ずっと貴方のそばにいます」
「…残酷なガキだ」

圧倒的な筆力をたずさえた新星・ユノイチカのデビューコミックス!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • BLですが、それほど色濃くなく、何より絵がきれい!
    ストーリーもファンタジー要素もりもりで結末が気になります。

    立ち読みで気になり、2巻とも一気買いしたのですが、続きが気になってます。
    3巻はいつ出るのか…。

    黒い海が人を襲う、そんな海と戦う覡、そしてその海に耐性があるアルト。
    覡の存在や黒い海の秘密がどうなっていくのか、楽しみです。

  • う、うつくしい…
    評判がいいのは耳に入ってきたけれど
    ファンタジー(戦うやつ?)はあまり読まないので避けてきたけど読んだら一瞬でひきこまれた…
    ストーリーの完成度の高さ、
    作画の美しさ、
    魅力的な登場人物、
    どれをとっても秀逸‼︎
    早く2巻を買わなきゃ‼︎

  • 1、2巻まとめて読みました。面白かったです。
    小さく子犬のようだった子がものすごく大きくなって、それでも変わらずわんこ全開で大好きと必死にまとわりついてくるのかわいい。萌えました。
    エルヴァも表紙やあらすじから冷めた感じなのかと思ってましたがそんなことはなく。ちゃんとアルトをかわいがっているし、大事にしているし、でも設定が切ない。2巻でアルトの従姉妹の露悪的な発言に、そんな酷いことを言わなくてもと思ったのですが、すぐ後に判る発言の真意がなる程なと面白かったです。
    ファンタジーは苦手なんですが、そこまで判りにくくもなく読みやすかったです。ただ進みは遅いかな。2巻で終わりかと思っていたので、ファンタジー部分は全然進んでおらずまだ序章みたいな気配を2巻で見せていて、え、かなりの長編になるの?と思いました。そういえば1話は連載開始時にというか雑誌創刊時に読んでたな。その時はピンと来なかったのですが、まとめて読むと。

  • 作品を知ったきっかけは、作者さん自身の試し読みツイートがRTで廻ってきたことでした。ストーリーや作画にセンスが溢れていて、ファンタジー大好きな自分にとってはBL抜きにしても面白いです!あまり得意な絵柄ではなかったんですが(すみません)とにかく惹きつけられる作品で、気付いたら絵柄も込みで大好きになってました!余談ですが……作者さん自身の手腕もありますが、出版社の売りたい気持ちが随所に伝わってきて、めちゃくちゃ応援したい作品の一つです。応援したいと思ってるのに大した感想が書けなくてすみません……っていう……。

  • 設定もストーリーも良い。続きを追いたい作品。

  • 久しぶりに商業BLのコミックスを買った。
    元々、この作者の二次創作を知っていて、絵柄が好きだから読みたくなった。

    1巻完結じゃなかったのが残念というか、めずらしいな?と思った。

    まだ謎が全然とけてないし、BLぽいシーンも少ないから物足りないといえば物足りない。
    ファンタジーとしての話はなかなかおもしろいと思う。

    なんとなくアルトが本当は黒い海側の人間かな…と思う。騙してるとかではなくて、知らない血筋とかで。
    次巻くらいで完結するといいけど、あまり長くなると飽きそう。

  • 早く続きが読みたい!
    バッドエンドじゃないことを願うばかり

  • 続きが気になりすぎる。現在No. 1のマンガです。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

『夜明けの唄』がデビューコミックスながら、卓越した筆致で早くも話題になっている注目の新鋭。
同作は「ちるちるBLアワード2022」BESTコミック部門 第1位・「このBLがやばい 2022年度版」第2位にランクインし、今後の活躍が期待される。
あたたかみのある豊かな表情が特徴の絵柄で、読み応えあるストーリーテリングも魅力。

「2022年 『夜明けの唄 3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ユノイチカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×