おやすみとおはようのあいだ

  • めくるむ
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910543000

作品紹介・あらすじ

おやすみなさいの時間に読む絵本。

ふとんにはいって、目をつぶると、ぼくのからだはふわっとうかんで……。
さあ、どこに行くのでしょう?
くまちゃんといっしょに飛んで行った世界は……。

読んでいくうちに、あたたかで、あかるくて、おだやかな世界にさそわれていきます。

きっとすてきな明日がまっていると、よい気持ちになれる不思議な絵本です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この絵本のようなシチュエーションで眠りについたら、
    さぞかし爽快な目覚めになるんだろうな♪

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

静岡県生まれ。東京学芸大学初等科美術卒業。1993年に渡米し、エッチングを学ぶ。『ペンギンの本』(講談社)で講談社出版文化賞受賞。ユーモアあふれる中に子どもたちの姿を描いた心温まる作品が多い。主な作品に『K・スギャーマ博士の植物図鑑』『K・スギャーマ博士の動物図鑑』(絵本館)、『あーん、して』『みーせーて』(アリス館)、『いっしょにごはん』(くもん出版)、『ぼくのすごいしゅうしゅうしゃ』(偕成社)、『おはよう!』(ますだゆうこ/文 そうえん社)、『ぶかぶか』(角野栄子/文 ポプラ社)、『ボタン』(森絵都/文 偕成社)、『びっくり! どうぶつデパート』(サトシン/文 アリス館)、『おかあさん、すごい!』、『あかちゃんは おかあさんと こうしておはなししています』『どんぐりころころおやまへかえるだいさくせん』(赤ちゃんとママ社)など多数。2児の母。

「2022年 『そだててみたら・・・』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スギヤマカナヨの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×