ニューノーマル2 (コミックアウル)

著者 :
  • ファンギルド
3.80
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910617015

作品紹介・あらすじ

V-21ウイルスの濃厚接触者として隔離された秦と、秦が隔離先の病院で出会ったもう一人の感染者・椎名七海。二人が病室を隔てながらビデオ通話越しに交流を深める一方、秦がウイルスに感染した事実を知った夏木は――。
生まれながらに口元をマスクで覆い隠して生きることが当たり前となった近未来。世界流行前の時代に思いを馳せながらも、彼らの「今」を懸命に生きる少年少女たちの物語は更に加速する……!

電子コミックレーベル「コミックアウル」の大人気作品『ニューノーマル』待望の紙単行本 第2巻!
少年時代の相良の視点から、既に「過去」となった2020年の東京を描く過去編「TOKYO 2020編」を併せて収録!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 待望の2巻!

    現実世界のコロナウイルスの状況と密接にリンクした内容。
    単行本の発売時期としては日本では一旦終息傾向にありつつも新型変異株の懸念が報じられ始めた…そんな状況。


    一方本作はと言えば’ヤクトウイルス’流行の顛末と相良の過去、変異種株による秦の身近な人間の死…と、より作中リアリティの描写を狙ったのかな、という感じ。
    確かに、1巻時点ではウイルスを脅威に感じつつもどこか’遠くの出来事’感があったが2巻を経て’現在すぐ傍にある脅威’に上手くシフトアップ出来たように思う。

    相良周辺についてはまだまだ謎が多い。
    あの寄り添う骸骨は両親だと判るが兄の消息は?
    深田ちゃんのその後は?
    サガラサイクルの夫婦は?
    ひび割れた防疫マスクは?
    などなど。

    椎名七海に関しては、
     なぜこんなに秦に興味・それ以上の関心を抱いたのか?
    これに尽きる。
    不安・寂しさ・連帯感・諦念だけで説明はし切れないように思う。
    ひょっとして「iKumi」は伏線として1巻に登場していたかと思いきやそんな事はなかった?多分。


    話の流れ的には秦を巡り夏木さんとエリカの三角関係が形成。
    恋の行方も見逃せない。

    七海の死を雨で消えるタバコで表現するシーンは沁みる。
    恐らく七海はダンサー・芸能人としてもそこまでメジャーなポジションでは無かったのだろう。
    この世界に於いてはあくまでウイルスにより失われた命の火のひとつ、のような意図を感じやるせない。

    説明と状況整頓的な巻だっただろうか。
    3巻は作品として勝負の巻になるだろう。



    1刷
    2021.12.5

  • パンデミックから物語をここまで構築するのはすごい。
    自分もコロナに一度感染して自宅に隔離されたので、物語で出てくる感染者同士でしか分かり合えないことがあるのは痛感する。
    前半は悲しい展開でしたが、後半は夏木さんとエリカさんの秦くんの取り合いという微笑ましい好みの展開で大満足な巻でした。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

美麗な絵柄とのびのびとした美魔女表現で話題の新鋭作家。本作でデビュー。

「2019年 『美魔女の綾乃さん(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

相原瑛人の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×