私が15歳ではなくなっても。1 (コミックアウル)

著者 :
  • ファンギルド
3.63
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784910617022

作品紹介・あらすじ

娘に疎まれ、妻には責め立てられながらも中年サラリーマン・岩下は抑圧された日々を「父として」「夫として」慎ましく生きていた。少なくとも、ある日彼の目前に突如現れたパパ活少女・シイナと出会うまでは――。自分の価値を探し求める15歳の少女と、理性と欲望の狭間でもがく40歳中年男の痛々しくも眩い、小さな逃避行の物語。


異色の新人あむ、衝撃のデビュー作にして初の紙単行本がついに刊行!! 奇才かはたまた天才か、新時代の才能が電子・紙の垣根を超えてコミック界をエモり散らかす!! これが令和の「罪と罰」だ!!!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 妻や娘から相手にされなくなった中年・岩下正太郎は人違いで声をかけてきたエンコー少女シイナと出会う
    一方、シイナは学校でいじめに会い自分の価値に疑問を持ち、エンコーを始めたという経緯もち
    そんな二人が出会い、葛藤し、さらに正太郎の娘も正太郎との関係に葛藤していた……

    という話で、とにかくこの3人の生きづらさが見ていて辛い
    で続きは単話だけ?単行本待ちではあるがはて続き読むか悩む

    【内容:アマゾンから転記】
    娘に疎まれ、妻には責め立てられながらも中年サラリーマン・岩下は抑圧された日々を「父として」「夫として」慎ましく生きていた。少なくとも、ある日彼の目前に突如現れたパパ活少女・シイナと出会うまでは――。自分の価値を探し求める15歳の少女と、理性と欲望の狭間でもがく40歳中年男の痛々しくも眩い、小さな逃避行の物語。

    <コミックアウル紙単行本 第2弾作品!!>
    異色の新人あむ、衝撃のデビュー作にして初の紙単行本がついに刊行!! 奇才かはたまた天才か、新時代の才能が電子・紙の垣根を超えてコミック界をエモり散らかす!! これが令和の「罪と罰」だ!!!!

  • 肉まん子フォロワー?。話のなさに振り切ってマンガがうまい。ビデオボックス、パパ活、Twitter、とりあえず海、を現代マンガで禁止したらどうだろう。

  • 理性と本能の葛藤、心情の表現が秀逸でした

全3件中 1 - 3件を表示

あむの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×