社会学理論の〈可能性〉を読む

著者 :
制作 : 情況出版編集部 
  • 情況出版
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915252556

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 雑誌『情況』に寄稿された論文を集めた社会学理論の読本。決して初心者向けではなく、事前にある程度の知識は必要。ルーマン本人が書いてたりして、著者陣がなかなか豪華だったりもする

  • なんかわかりにくかった。
    社会学はじめたばっかの時に読んだからかも。
    今読めば違うかな?

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

成城大学教授

「2021年 『マイノリティ問題から考える社会学・入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西原和久の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×