犯罪心理研究の独自の視点―「凶悪さ」と「増加」で揺れる現代の罪と罰を検証する。

著者 :
  • 世論時報社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915340734

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「凶悪」さと「増加」でゆれる時代の罪と罰を検証する。

    近年、あるいはもっと前から「少年犯罪が非常に増えている」、また、「低年齢化し、凶悪化もしている」という印象を持っている人が増えているようであるが、実はマスコミ報道の氾濫等からイメージが先行しているだけであって、実態はそうではない。犯罪自体がなくなるということはなく犯罪はなるべく減少していく方が望ましい。そのためにはどう対処したらよいかを独自の視点で考察している。(作田明HPより)

全1件中 1 - 1件を表示

作田明の作品

犯罪心理研究の独自の視点―「凶悪さ」と「増加」で揺れる現代の罪と罰を検証する。を本棚に登録しているひと

ツイートする
×