ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

制作 : J.K.Rowling  松岡 佑子 
  • 静山社
3.85
  • (2585)
  • (1492)
  • (3467)
  • (81)
  • (23)
本棚登録 : 14194
レビュー : 1610
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915512377

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 《勧められて》普段読書をしない人から「これは寝ても覚めても読んでた」と勧められ7冊まとめて購入したが入り込めず。フォントや行間などは子供でも読めるよう工夫されていてとても読みやすいと感じました。不思議な世界で実際に行けるのなら是が非でも生きたと思う世界観。呪文や学校での授業風景などどうも馴染めず、子供の世界が苦手なのかも知れません。とても読み進める気力もなく断念。考えたら映画も流し見程度で入り込めなかった。しばらく7冊置いてありましたが寄付してしまいました。常に犯罪や事件記録等に身を置く私には共感は難しい

  • 有名になった理由が全く分からない。受け付けない。

  • 僕はあまり好きじゃないです。

  • 一人の魔法使いがいろいろ体験する話。
    ハグリットの包容力がハンパなさそう・・

  • 世界が騒ぐほどもの珍しい感じは一切なく。
    3巻まで頑張って読んだけれど、ついに物語世界に入ることができなかった。
    仕方ないよなー。自分、子供嫌いだもん☆

  • キライではないんです。ダメなジャンルでもありません。けど、この本は読めません。その原因は、「版組」です。本文のなかにセリフが混在されている、あの版組は、どうしても読めません……。翻訳モノだからしかたないんだけどね、そのまま訳してあるだろーから。でも、本文にセリフが続くのは日本語の基礎では×なので……なるべく翻訳モノもやめてほしいんです、とくに日本語縦書きで版を組むなら。学校でならった基礎が、読み進めることを拒否します。「セリフ前……ここは改行だろう……」^^; 融通利かない国語力のせいで、未だこの本は読んだことがありません、はい。たぶん、版組形態が日本語基礎準拠にならないかぎり、未来永劫、読めないことでしょう……。

  • 本物の想像力の過激さに耐えられ無い人にはちょうど良い読みものかも。<BR>

  • こんなに話題&ベストセラー書なのに今だ積読中。最初の数ページから進めなくて早何年。来年こそ読みたい(え)。

  • 読んでねぇよ!

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)のその他の作品

J.K.ローリングの作品

ツイートする