ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)

制作 : J.K.Rowling  松岡 佑子 
  • 静山社
3.86
  • (2019)
  • (1021)
  • (2735)
  • (39)
  • (4)
本棚登録 : 10881
レビュー : 914
  • Amazon.co.jp ・本 (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915512407

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 確かここまで英語で読んだ
    ラストにかけて複雑な展開
    伏線を張ったうえでの意外な犯人、
    というのはお約束で
    児童小説というよりもミステリー

  • ハリーポッター第3巻。段々物語に勢いがついてくるね。ルーピン先生がまさか狼男だったとは…。ロンのペットも、まさか魔法使いだったとは…。本が重たいので読んでいると手首が痛くなってくるけど、後半の展開は圧倒的。次は炎のゴブレットかな?2012/506

  • 2015/2/24読了、【2015年-13冊目】ハリー・ポッターの第3巻「アズカバンの囚人」。映画の中でも好きな作品。ハリーを理解し「守護霊(パトローナス)」を教えてくれたルーピン先生。クディッチ優勝杯。両親を裏切った本当の犯人。スネイプの過去と因縁。名付け親であるシリウスとの心の繋がり・・・。その後のストーリーで鍵となるシーンも満載で読み応えがあった。映画で描かれていないシーンはたくさんあったが、チョウ・チャンがレイブンクローのシーカーだったのはちょっと意外だったかな。第4巻「炎のゴブレット」を読むのも楽しみです(^^

  • -

  • ハリーポッター三年目。
    両親の過去が少しずつ見えてくる。
    庇護者が万能でないことに気づく成長期。

    最初の方でハーマイオニーの誕生日にちらりと触れるセリフがあった。
    そういえばハリーがもらうシーンはたっぷりあるけれど、あげるシーンはほとんどない。
    プレゼントを選ぶのも、贈りたい相手がいてはじめて経験できる「幸せな出来事」なんだけどな。
    これだけ冒険しているのにハリーが受け身なイメージなのは、(ヒーロー行為は別として)「してあげる」描写が少ないせいかもしれない。
    傷つけない配慮はあっても喜ばせるための気遣いがあんまりない気がする。
    出てこないだけで、きっとあげてるんだろうけど。


    『溺れるものと救われるもの』http://booklog.jp/users/melancholidea/archives/1/4022630221を思った。
    正しい人が好きだけど、ここまで強く正しく生きられる人がどれだけいるのかな。

    「たったそれだけ」で排除されるマイノリティがさらりとくっきり描かれているのもすごかった。
    余裕のある社会の中では違いはただの「違い」でしかない。
    異質なものを排除する環境が整った場所でのみ、アウティングは有効な攻撃になる。


    この巻に限らず、主役側とはいえグリフィンドールびいきすぎるのは気になる。
    これだけスリザリンが大っぴらに嫌われているのなら、スリザリンに入った子はそりゃぐれる。
    属する寮が出自と同じように差別の理由になってしまうのはわざとだろうか。
    この先でどうにかなるといいんだけど。


    2015/1/20 再読

  • 【ストーリー★★/キャラ★☆/心理★☆/情景描写★☆/没入度★☆】敵対勢力なのか味方なのか、そのあたりは上手く読者を誘導していて面白かった。ただ序盤がちょっとつまらないかな。3巻目ともなるとこの不思議な世界になれてきたのか、読書ペースが上がってきました。

  • シリウス初登場!!
    ルーピンも初登場!!
    最後の逆転時計のところが
    とても好きなシーンです。

  • 再読。
    色々話が動いてきて、読み応えがあり、面白かった。

  • 毎回ハリーが活躍するだけに、各巻の序章の人間界でのゴタゴタを読むのがちょっとしんどくなってきた。ハリー自身の成長というより、生まれつき"持ってる"者であるハリーを中心に、なんかしら世界がうまいこと回って解決していく展開も少し飽きてきた。
    シリーズ物にありがちな「中だるみ」ってことなんだろうけど、、、とりあえず続きは読みますが。。

  • やはり、この巻はカタルシスが充分に感じられる。
    伏線の回収もそうだし、ハリーの父の友情物語も良かった。ここで一気に物語が進んだ気がする。
    時間巻き戻しのあのあたりはややモヤモヤ、もやっとする部分があるけど気にしない。
    地図、小道具も上手いなと。小道具の初登場時だけでなく、その後もしっかりとその設定を生かしてストーリーをキャラクターを動かしてくれる。
    シリウスはもちろん、人狼の先生も後々に活躍してくれると嬉しい。

全914件中 81 - 90件を表示

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)のその他の作品

J.K.ローリングの作品

ツイートする