幻の動物とその生息地 (ホグワーツ校指定教科書 (1))

制作 : J.K.Rowling  松岡 佑子 
  • 静山社
3.50
  • (51)
  • (40)
  • (147)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 718
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (104ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915512438

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こんな面白いことが書いてある教科書とかありえない…
    ハーマイオニーが入学前から教科書を暗記したのも頷けます。

  • 麒麟をはじめ、空想の動物を、幻の動物について、その生息地について記述している。
    ハリーポッタを楽しむための背景知識が満載である。
    こういう仕掛けがあると、ハリーポッターが256倍楽しめる。

  • 落書きがおもしろい(^ω^)
    ホグワーツ入りたい!

  • すっごく素敵な本でした♪
    謎本とか解説本は好きじゃないのでスルーしてたけど、古本屋で手にとってみれば、なんと可愛らしい本じゃないですか!
    装丁はハリーのサイン入り(ハリーの所持品という設定だから)に、古ぼけてすりきれた表紙(という絵)。
    「俺はまだ読んでねえが、みんな読んでくれや」というハグリッドの言葉が帯に書いてある(しかも檀ふみさんの下に。
    ダンブルドアの前書きもあるし、なんといっても一番面白いのは、ハリー、ロン、ハーマイオニーの書き込み(いたずら書き)があること!
    ハリーファンにはたまらない!即買いしちゃった。もう絶版だしね☆
    それにしても、一つ一つの動物の記述は深くて、魔法省の既定なんかも素晴らしく学術的な感じで、J.K.ローリングの頭にはすごく奥深いハリーの世界が広がっているんだなあと。
    ここまで設定を考えてからハリーを書いたのか、小説を書きながら世界観が広がっているのか、非常に気になります。

  • この本のクオリティはギザヤバス!!
    ロンやハーマイオニーの落書きがたまらない:笑

  • ハリーたちのラクガキが楽しいです。
    書き込みの文字が3人の個性を出していたらもっと面白かったのに……もったいない。

  • 原作に実際に登場する指定教科書。ハリーやロンの落書きや書き込みがとてもユニークです(笑)

J.K.ローリングの作品

ツイートする