ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 携帯版

制作 : 松岡 佑子 
  • 静山社
3.95
  • (82)
  • (50)
  • (91)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 545
レビュー : 51
  • Amazon.co.jp ・本 (649ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915512551

作品紹介・あらすじ

夏休みのある日、ハリーは13歳の誕生日を迎える。あいかわらずハリーを無視するダーズリー一家。さらに悪いことに、おじさんの妹、恐怖のマージおばさんが泊まりに来た。耐えかねて家出するハリーに、恐ろしい事件がふりかかる。脱獄不可能のアズカバンから脱走した囚人がハリーの命を狙っているという。新任のルーピン先生を迎えたホグワーツ校でハリーは魔法使いとしても、人間としてもひとまわりたくましく成長する。さて、今回のヴォルデモートとの対決は?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 過去の真実が明らかになる3冊目。
    緊迫感のあるミステリー、最初から最後まで伏線が散りばめられていてとても面白い。

  • 毎度思うことだけど、このローリングさんって、ほんと素人とは思えない。
    想像力豊かな人なんだろうなぁ。
    伏線(と言って良いのか?)の張り方も自然で良い感じ。
    ハリーには敵もいっぱいいるけど、仲間もそれ以上にいて、今作ではまた新たな仲間が加わる。
    結構ボリュームのある本なのに、サクサク読めるし、続きが気になって一気に読んじゃう。
    最終作は「ハリー・ポッターと死の聖人たち」って題名だって、この前発表があったばかり。
    ファンの間では、ハリーが死ぬんじゃないかって予想も出てるらしいけど、どうなりますやら。

  • 映画も観ましたが、本で読んだほうがよかった。

  • 絶対本で読んだほうがいい!

  • 映画化

  • 結末知ってても楽しい。むしろ知っているから楽しい。

  • 一筋縄ではない物語。構成力、心理描写に舌を巻く。シリウスとハリーの結び付きの発見が見せ場か。醜いものの描き方も見事。これまで伏線にあっと驚くとともに、これからの展開にも目が離せなくなった。

  • 図書館にて借りる。

  • この本は字が小さいけど、読書嫌いな私でも楽しく読めました✌

  • 前読んだときはルーピン先生が好きだったけど、今読んでみるとそうでもなかったかも…
    親世代のエピソードが本格参戦。スネイプいろいろかわいそすぎる

全51件中 1 - 10件を表示

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 携帯版のその他の作品

J.K.ローリングの作品

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 携帯版を本棚に登録しているひと

ツイートする