「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)

制作 : J.K.Rowling  松岡 佑子 
  • 静山社
4.15
  • (1576)
  • (771)
  • (930)
  • (54)
  • (10)
本棚登録 : 7837
レビュー : 952
  • Amazon.co.jp ・本 (1136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915512636

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で借りて読了。
    ついに最終巻……しかしここでも本当に……本当に辛かった…。ハリーは確かに過酷な運命を背負っていますが、それなのにここまで同情する気にさえなれない主人公って…。
    どうして共に旅をしてくれる友に八つ当たりするのか…どうして亡くなった師の言葉を信じず悪態ばかりなのか…。
    終盤は、完全な悪では無かろうというスネイプ先生の真の考えを知る事が一番の目的になっていた節がありましたが驚くほどの事でも無かったというか…。
    結局スネイプ先生の中に純潔以外を蔑む感情が無かったわけではないし、それはつまりハリーはともかくハーマイオニーへの許しがたい言動はただの本音だったわけで。
    それにハリーの父親であるジェームスが性格が悪かった事もただの事実かな…?という…。
    途中次々仲間の命が失われていく辛さを越えた先の結末にも大きな感動は無く……とにかく読み終えたという達成感だけでした…。
    お国柄なのか作者の性格なのか、この我の強い主人公で良かったんでしょうか…と言いたくなりますが、これだけの人気作になったということは良かったんでしょうね…。私には合わなかっただけで…。

  • こんなに傲岸不遜な訳者のあとがきを見たことがない。豊かな読書経験を得た満足感に、泥水を浴びせかけられたような気持ちにさせられる。今さらですが、読後すぐに読まないことをおすすめします。

  • ◼︎上巻
    遂に始まった打倒ヴォルデモートへの旅。魔法省への侵入、分霊箱の発見、ダンブルドアへの怒り・不信、3人の気持ちのすれ違い、ロンとの別れ、ゴドリックの谷での危機、銀色の牝鹿、グリフィンドールの剣、そしてロンの帰還、分霊箱の破壊………。他にもダーズリー一家との意外な別れやマッド・アイ、ヘドウィグの死など、内容は盛りだくさんであった。旅の途中別れてしまったロンは帰還し、分霊箱を破壊する剣を手に入れ、3人の仲を拗らせた分霊箱も破壊し、手探り状態であった旅にも光が見え始めた。これからどうなるのか、下巻が楽しみである。
    ◼︎下巻
    旅のキーとなる「死の秘宝」の存在が浮上し、旅は更に進む。ラブグッド氏の裏切や、人さらい、マルフォイの館、ドビーの死、ニワトコの杖、グリンゴッツ破り、剣の紛失と新たな分霊箱、ホグワーツ、失われた髪飾り、スネイプの死・過去、ハリーの死、そしてヴォルデモートとの戦い……。特にスネイプの過去には悲しく、深い愛が詰まっており特に記憶に残っている。隠れていた様々な伏線が全て明るみに出てきて、今一度全部読み返してみたいと思わせる内容であった。

    ハリー・ポッターはやはり名作です。まだ読んだことがないという人には、一度は読んでみてほしい。

  • ■2008・8・31【読了】

    ついに読み終わってしまいました。。。


    あんなに待ちわびていた、最終巻。

    結末を知りたいけど、でも、まだハリポの謎の世界に浸っていたいような。


    私は、プリンスから続けて読みました。

    ゆっくり読み進めようと思っても、読み始めたら夢中で。。。。


    ダンブルドア、あなたはすべて知っていたのですね。。。


    愛について、考えました。。。


    もう1度、賢者の石から読み直そうと思います。


    最高でした。。。


    ■2009・2・16【再読】

    賢者の石から続けて読みました。。。

    ため息。。。

    33章、プリンスの物語、何度も何度も読み返してしまいます。。。

    プリンスの深い愛の物語。

    永遠に誓った愛の強さが胸を打ちました。

  • 魔法使いの学校に通うハリーたちの困難を伴う冒険を描いた長編児童書の完結巻。とはいっても、前巻の最後から予想されるとおり今までの巻のように普通の学校生活が描かれるわけではなく、ヴォルデモートとの決着をつけるまでの完結巻らしい波乱の大冒険が描かれている。
    とにかくこの完結巻では多くの出来事が起こるとともに、これまでの巻に散りばめられていた伏線がどんどん回収されていくのでここまでしっかり読んでいた人にとっては非常に面白い巻といえる。長編であるがゆえに、各キャラクターへの愛着は深いため、しっかり読んでいる読者にとってはその結末が非常に感動できると思われる。
    この巻までに加え、この巻でも、ハリーの生き残って来た理由を「愛」というテーマに絡めながら展開していくことが、実にテーマを大切にしているとともに、常に苦境におかれてご都合主義的な印象を受けにくいことにもつながっているように思えるのが良い。
    以上の伏線的にも、テーマ的にも、結末を知った上でもう一度物語を追うと更に味わい深いだろうのは想像に難くない。
    難点があるとすれば、世界観の作りこみ方とキャラの多さなどの影響で、しっかりはられた伏線をしっかり読み解くのは大人にとっても実に大変であるということである。長いがゆえに面白い部分はあれど、長いがゆえに辛い部分もあり、メインターゲットである児童にとって易しくはない作品であるという面が大きいかもしれない。

  • ≪あらすじ≫
    7月31日、17歳の誕生日に、母親の血の護りが消える。「不死鳥の騎士団」に護衛されてプリベット通りを飛び立ったハリーに、どこまでもついていくロンとハーマイオニー。一方、あれほど信頼していたダンブルドアには、思いがけない過去が。分霊箱探しのあてどない旅に、手掛かりはダンブルドアの遺品だけ。ハリー・ポッターシリーズ最終巻。
                (BOOKデータベースより)

  • S・Sの憂いの篩を見た後。
    涙が止まらんかったです。
    彼が彼女のことをどれだけ愛していたか。

    リリーがハリーを愛の力で守った。
    セブルスはリリーの意志を継ぐべく、命を懸けて
    憎い男の生き写しを影から守った。

  • 最終巻。
    ダンブルドアの策略と、スネイプの愛で溢れた巻。

    全体としてハラハラして行き着く暇はないんだけどなんとなく話が中々進まないイメージが。

    死して尚影響を与えるどころか、直接の指示まで与えてるダンブルドアが読んでて怖くなります。

    ハーマイオニーの信じて付いてきてくれる心と、スネイプの変わらぬ愛に感動しました。

    上巻からシリアスな展開。
    ダーズリー一家との別れは予想に反して少し良かった。
    ダドリー成長したな!

    ロンの家でハリーがついてくる必要はないって言った時のハーマイオニーの「私たちはあなたと一緒に行くわ。もう何ヵ月も前に決めたことよ――実は何年も前にね」という言葉と両親にかけた魔法に決意の固さを感じて震えた。
    確かにもう2人はハリーにとってかけがえの無いものになっているけど。

    個人的には魔法省とホグワーツでの戦い、スネイプの過去にハラハラした。
    スネイプの変わらぬ愛は深いな。
    彼の「永久に」というセリフ。
    その愛を貫くためにさぞ苦しんだことだろうと思う。

    全体を通して、話が進むに連れ"児童書でいいのか?"と思うような暗く重い方に話が進んでいきはするけど、読んでて楽しめる作品でした。
    (その心配も子供の成長に合わせて読んでけば問題ないのかも?)

    作者本人が登場人物たちのその後について語っていたりしているので、そういったページを読むのも楽しいかもです(読んでて楽しかったですし)

  • スネイプが全部もっていった
    今となってはすごく愛おしい
    大好き!!

  • 面白い、面白いのは確かなんだけれども…あまりにもあっけなく戦いに決着が着いてしまった。今までの苦しみは何だったの?と。それにしても人が死にすぎている、シリーズを通して全体を見た時には素晴らしく面白い児童書であることに間違いはないため、少し残念に思う。

全952件中 11 - 20件を表示

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)のその他の作品

J.K.ローリングの作品

ツイートする