「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)

制作 : J.K.Rowling  松岡 佑子 
  • 静山社
4.15
  • (1576)
  • (771)
  • (930)
  • (54)
  • (10)
本棚登録 : 7837
レビュー : 952
  • Amazon.co.jp ・本 (1136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915512636

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハリポタ第七巻。集大成な内容だが、児童書にしては死に過ぎているので、マイナス。後日談は好みではないため終章は萎えた。

  • 思いつづけることはせつない。
    前進できない。

  • ハリーポッターシリーズ読了。。
    映画は不死鳥の騎士団までしか見ていなかったので、話しの続きが気になっていたが、これでスッキリ。

    シリーズを通して、なんか重要な伏線てあったのだろうか。ダンブルドアとスネイプの存在、行動が伏線になっていたのかな?この二人について、一番スッキリしたから。
    後で、映画レンタルしてみよう!

  • 途中だらけてしまう部分もあったけど、後半は猛スピードで読めた。
    おもしろかったかどうかより、読み切れたことへの達成感が大きかった笑

  • さすがに最後は盛り上がりましたが、後半読みづらい部分があったのは訳のせいかそれとも私の理解度が低いせいか?
    スネイプ先生の運命はなんとなく想像がついていたのですが、フレッドとルーピンまで死んでしまうのは納得しかねます。なので★1つマイナス。

  • ハリーとヴォルデモート郷(トム・リドル)がたたかっているところが、おすすめです。

  • ハリ・ポッター最終巻です。
    ずっとしてなかった夏休みの宿題を終えた感じです。

    やっぱり面白いです。
    夜中まで読んでました。

    グリフィンドールの剣が帽子から出てきたので、
    どこか読み飛ばしたかなと読み直してしまいました。

  • 下巻のセブの記憶のシーンで号泣

  • 映画もずいぶん頑張って押し込んでましたが、やっぱり活字中毒としましては原作派推しなわけでして。 張り巡らされた伏線が最終巻で見事に繋がり合うところはもう、「おおおおおお!!!!」と叫ぶしかない! ・・・映画しか見てない方、絶対もったいないですよ(キッパリ)

  • 長い物語がようやく終わりを迎える最終巻ですが、なんだかとても長い説明書を読んでいるような気分になりました^^; 

    もちろん次から次へと飽きさせずに読ませる筆致はさすがです。ただ、これまでの巻がいろいろな秘密を匂わせ、伏線を張り、次は一体どうなるのだろう?という想像を楽しめたものであったのに対し、この最終巻は・・・もちろん最終巻なので当然のことなのですが。

    それでも「あーあ。ぜんぶ言っちゃったよ。」というか、最近の物語はみんなこうなので仕方がないといえば仕方がないのですが、そこまでぜんぶ説明しなくても・・・っていう感はなきにしもあらず。

    思えば第一巻が出たときから大騒ぎになって10年。映画のヒットやら熱狂的なファンやら偽ハリポタ物語騒動やら、そういう雑音がなかったら、ストーりィは変わらないにしてももう少し違う筆致になったのではないか?と思ったりします。

    それにしてもハリポタって物語の作りがサガというよりもミステリー的というか、最後は誰かがしゃべって種明かしして終わり!あーすっきり♪っていうのは、指輪やナルニアのようなファンタジィとはだいぶ違うように思うんですけれど、どうなんでしょうねぇ。

全952件中 21 - 30件を表示

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)のその他の作品

J.K.ローリングの作品

ツイートする