「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)

制作 : J.K.Rowling  松岡 佑子 
  • 静山社
4.15
  • (1576)
  • (771)
  • (930)
  • (54)
  • (10)
本棚登録 : 7837
レビュー : 952
  • Amazon.co.jp ・本 (1136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915512636

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 命をかけた最終決戦。
    陰ながら今までずっと彼を見守り続けていた事、憎まれ役になりながらも彼を思い続けていたのは心から彼を大切に想っていたからなのだろうな。
    自ら戦いに加わったとはいえ、つい先ほどまで話してた相手が亡くなるというのは堪え難い苦痛だろうな。

  • まぁ、見せ場が盛りだくさんですな。
    1回読んだだけじゃわからない深いとこもあって、何度も楽しめる気がする。
    子どもから大人まで語り継がれる名作だと思う。

  • ハリーポッターを知っている人なら、必ず一度は考えたことがあると思いますが、自分だったらどの寮に組み分けられるだろう?希望ではやっぱりグリフィンドール。でも頭の中を覗いたらスリザリンかも。
    スリザリンだったら嫌すぎるので、自分は魔法の使えないマグルで良かったな、と思う。笑
    それにしても、こんな超大作を書き切ったJ.K.ローリングすごすぎるし、早く呪いの子も読みたい!

  • 初版で読んだ時の気持ちを思い出したく、再読。
    映画とはまた違った良さがあるな。

  • ハリーポッターはいいぞ

  • やっと、最終巻までたどり着きました。長かった。

    伏線がたくさんあったのですね。
    いつかまた、読みたい、いつか。

  • スネイプ先生せつない( ;∀;)
    最後の戦いで死者が出る前に戦いが終わってほしかった( ;∀;)
    わちゃわちゃ平和だった第1巻からここまで来るとは。

  • 【あらすじ】
    7月31日、17歳の誕生日に、母親の血の護りが消える。「不死鳥の騎士団」に護衛されて飛び立つハリー、そして続くロンとハーマイオニー。ダンブルドアの遺品を手がかりに、彼らの旅が続く。その先にある戦いは…。

    【感想】

  • ハリーが幸せになってよかった。
    スネイプ先生の生き様に涙がでます。最後まで愛に生きた人だったのかな……。

    名作にふさわしい最後でした。映画もいいけれどやっぱり紙で読んでほしいと思います。私としてはあとがきの翻訳者さんの表現がとても好きでした。

  • 最後は意外とあっさりでした…

全952件中 61 - 70件を表示

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)のその他の作品

J.K.ローリングの作品

ツイートする