「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)

制作 : J.K.Rowling  松岡 佑子 
  • 静山社
4.15
  • (1576)
  • (771)
  • (930)
  • (54)
  • (10)
本棚登録 : 7837
レビュー : 952
  • Amazon.co.jp ・本 (1136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915512636

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マグル狩り、マグル生まれの魔法使いに対する理不尽な扱い、理由のない殺人、それを楽しんでいる死喰い人たちなど児童文学の片鱗を感じさせない残酷さ。
    魔法使い間での出自、魔法使いとマグル、というだけでなく種族間(ケンタウロス、巨人、しもべ妖精など)、ひいてはルーナやネビルのような出自に関係なく弾きものにされている人たちといった様々な差別は物語のなかでの重要なテーマの一つであり、特に出自による差別はイギリスの階級制度をそのまま落とし込んでいるように受け取れる。

    シリウスに宛てたリリーの手紙、ダンブルドア一家の悲劇的な秘密、ペチュニアとリリーの仲違いの原因、スネイプの物語など、読んでいて辛いシーンが多い。そしてその人々の後悔や過ちは自分や相手が生きているうちに正すことも告白することもできずにそのまま終わってしまっているのがやるせない。フィクションなら悲劇はなんらかの形で昇華されて登場人物の死も重要な場面として描かれるのが常だけれど、ハリーポッターに関しては現実と同じように無情にただひたすらそれらが起きて過ぎ去っていくだけ。

    最後のハリーとヴォルデモートの戦いが、実力の差や杖や愛の力ではなく、杖の忠誠心という仕組みが原因の、それも意図したのではなく偶然が重なってハリーのものだったからで、そのことにハリー自身が気がついたというのが非常にスマートでかっこいい。

    ところで、暴れ柳を見て「クルックシャンクスがいれば」と言うロンにハーマイオニーが「あなた魔法使いでしょう?」と言うシーンは、1巻で悪魔の罠を見たときに「薪がないわ」と言ったハーマイオニーへのロンのセリフそのままで、これが意図的ならすごいと思った。

  • 最高!
    発売からだいぶ経っての購入で、本当に久しぶりのハリポタだったけれど、発売を待ってリアルタイムで読んでいた子供の頃と同じテンションで読むことができた。
    しかしその頃よりも、登場人物の心の動きや葛藤も理解できるようになり、死や冒険がすぐ隣にある怖さも想像することが容易くなった分、辛くて読めない!と泣いたシーンがたくさんあった。
    ハードカバーなので持ち歩けず、家だけで読んでいたが、早く帰って続きが読みたい!と1日中ソワソワしてしまった。大人でもこんなにワクワクした気持ちでファンタジーに没頭できることは、幸せだと思う。
    これを機に、また「賢者の石」から集めて読み返したいと思う。

  • ◼︎上巻
    遂に始まった打倒ヴォルデモートへの旅。魔法省への侵入、分霊箱の発見、ダンブルドアへの怒り・不信、3人の気持ちのすれ違い、ロンとの別れ、ゴドリックの谷での危機、銀色の牝鹿、グリフィンドールの剣、そしてロンの帰還、分霊箱の破壊………。他にもダーズリー一家との意外な別れやマッド・アイ、ヘドウィグの死など、内容は盛りだくさんであった。旅の途中別れてしまったロンは帰還し、分霊箱を破壊する剣を手に入れ、3人の仲を拗らせた分霊箱も破壊し、手探り状態であった旅にも光が見え始めた。これからどうなるのか、下巻が楽しみである。
    ◼︎下巻
    旅のキーとなる「死の秘宝」の存在が浮上し、旅は更に進む。ラブグッド氏の裏切や、人さらい、マルフォイの館、ドビーの死、ニワトコの杖、グリンゴッツ破り、剣の紛失と新たな分霊箱、ホグワーツ、失われた髪飾り、スネイプの死・過去、ハリーの死、そしてヴォルデモートとの戦い……。特にスネイプの過去には悲しく、深い愛が詰まっており特に記憶に残っている。隠れていた様々な伏線が全て明るみに出てきて、今一度全部読み返してみたいと思わせる内容であった。

    ハリー・ポッターはやはり名作です。まだ読んだことがないという人には、一度は読んでみてほしい。

  • 読んで良かった。スネイプ先生。

  • 終わったー。

    あちこちにちりばめられた布石が回収されているけれど、あまりに長すぎて覚えていられなかったのが残念。
    ヴォルデモートとの直接対決は、序章が長すぎたゆえか、逆にあっさりと端折られている感もあって。まぁ、これ以上、無駄な犠牲を払うこともないかなぁ。ハリーの近しい人も、けっこうな数、斃れちゃってるし。

    スネイプの物語としてまた最初から読みたい。
    その点で満点をつけました。

  • 人がどんどん死んでいく。これだけサクサク主人公側の人間が死んでいく児童書がかつてあっただろうか。まあ戦争で人があんまり死なないって方が不自然なんだけど。トンクスの存在意義がいまいちわからなかったのだが、最終巻でやっと分かった。主人公の恩人の忘形見を産むためだけに生み出されたキャラとか凄いな。あいも変わらず息子命のナルシッサが可愛い。ルシウスとナルシッサは悪党だし悪党としても中途半端だけどいい夫婦でいい親だと思う。映画版でもルシウスがナルシッサとドラコを先に逃がして後ろを見つつ2人の後を追うシーンがあったけど、あの3人の性格や関係をよく表してる気がする。ほんの何秒かだけどあのシーン大好き。それにしても純潔の魔法使いがマグル生まれの魔法使いを差別する理由つて結局なんだったんだろうね。マグルの血が混ざるとスクイブが多く生まれる危険性があるとか何かしらの理由があると思うんだけど。個人的にはマグル生まれを差別するのには反対だけどマグル生まれをこれ以上増やすのにも反対。人間と魔法使いは混じっちゃいけないと思う。たまたまハリーの周りが純潔だろうがマグル生まれだろうがマグルとの混血だろうが上手くやっていたってだけで、実際問題としてこの2つの種族が仲良くするってありえないだろう。マグルの世界に魔法使いの存在が公になったら、絶対に人間が魔法使いを利用したり嫉妬して殲滅しようとしたりする日が来ると思う。

  • 数えきれないほど読み返した大好きな作品。
    シリーズ第7作目、最終巻。
    途中からずっと泣き通しでした。
    この大好きな世界と本当にお別れなのだと思うととにかく寂しくて、
    読み終えた直後にすぐ1巻の再読を始めたのが強く記憶に残っている。
    寂しさはあってもこれ以上ないエンディングだったと思う。
    最初に書きあげてたラストに違和感なく辿りつくと言うのがすごい。

  • 読みたい!って一回読んだけどまた読みたい!
    そして、みんなでスネイプを愛でよう|( ̄3 ̄)|

  • 実家の本棚より。何度読んでも夢中になってしまう。
    この最終巻の主役はスネイプに尽きる。

  • 面白いんだけど、なんかいまいちハマれない。
    よく出来た物語だと思う。だからこそ物語の外側から眺めてる感覚でずっと読んでた。

全952件中 81 - 90件を表示

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)のその他の作品

J.K.ローリングの作品

ツイートする