「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)

制作 : J.K.Rowling  松岡 佑子 
  • 静山社
4.15
  • (1576)
  • (771)
  • (930)
  • (54)
  • (10)
本棚登録 : 7837
レビュー : 952
  • Amazon.co.jp ・本 (1136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915512636

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハリーポッター最終章。今まで読んでいるから、よみましたが・・。後半からはあまりおもしろくない。
    児童小説なのに、人が亡くなりすぎ。夢があるのか・・ないのか・・・。

  • ハリポタ最終巻。

    がっかり。

    ハリーの父親がひどくてすくわれない。

    結局のところハリーはロンの妹ジニーとくっついて
    純血志向かと思わせる結末。

    広告宣伝や映画など外野にストーリーが振り回された感じ。
    「不死鳥の騎士団」くらいまではハラハラして読んでいたので
    とても残念。

  • どうして子どもが出てきたんだ!?
    全部書き上げるずいぶん前に最終章はもう決定してたわりには…

  • ここまでくると、若干の使命感だけで読んでしまっていた感がぬぐえない。

  • シリーズ最後の巻で、感慨深いしいろんなことが分かるんだが、この本が面白いかと聞かれればシリーズのなかで一番面白くない。結末に不満はないけど。

  • シリーズ7作目。

    話としては上手くまとめられていて良かった。
    が、あの最終章は個人的にいらなかった気がする。
    他にも納得いかない点があり、今まで楽しませてもらっていただけに残念。

    2008/08/-- 読了。
    2008/07/23 購入。

  • ハリーはヴォルデモートに「選ばれた」ことがすべてだったんだな。

  • ハリー・ポッターってファンタジーじゃないよね。強いて言うなら学園ホラーもの?
    魔法の世界の仕組みが現実的すぎるし、魔法生物にも魔法にも夢がない。現実以上に窮屈な世界。1,2巻のころはまだ良かったけど、最後のほうは被ってた皮が禿げてなんだか心寒い話に……。

  • 俺がハリー・ポッターに納得行かないのは、中途半端に現実世界と辻褄合わせしているように感じるからだと思った。
    もうファンタジーならファンタジーで突き抜ければいいのに。

  • ハリーポッターって結構有名ですよね!?
    でも、私映画しか見たことないんです!!
    ハリーポッターの本って分厚くて、なかなか読む気になれないんですけど、1度読んでみたいですね!!

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)のその他の作品

J.K.ローリングの作品

ツイートする