「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)

制作 : J.K.Rowling  松岡 佑子 
  • 静山社
4.15
  • (1576)
  • (771)
  • (930)
  • (54)
  • (10)
本棚登録 : 7837
レビュー : 952
  • Amazon.co.jp ・本 (1136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915512636

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で借りて読了。
    ついに最終巻……しかしここでも本当に……本当に辛かった…。ハリーは確かに過酷な運命を背負っていますが、それなのにここまで同情する気にさえなれない主人公って…。
    どうして共に旅をしてくれる友に八つ当たりするのか…どうして亡くなった師の言葉を信じず悪態ばかりなのか…。
    終盤は、完全な悪では無かろうというスネイプ先生の真の考えを知る事が一番の目的になっていた節がありましたが驚くほどの事でも無かったというか…。
    結局スネイプ先生の中に純潔以外を蔑む感情が無かったわけではないし、それはつまりハリーはともかくハーマイオニーへの許しがたい言動はただの本音だったわけで。
    それにハリーの父親であるジェームスが性格が悪かった事もただの事実かな…?という…。
    途中次々仲間の命が失われていく辛さを越えた先の結末にも大きな感動は無く……とにかく読み終えたという達成感だけでした…。
    お国柄なのか作者の性格なのか、この我の強い主人公で良かったんでしょうか…と言いたくなりますが、これだけの人気作になったということは良かったんでしょうね…。私には合わなかっただけで…。

  • 面白い、面白いのは確かなんだけれども…あまりにもあっけなく戦いに決着が着いてしまった。今までの苦しみは何だったの?と。それにしても人が死にすぎている、シリーズを通して全体を見た時には素晴らしく面白い児童書であることに間違いはないため、少し残念に思う。

  • さすがに最後は盛り上がりましたが、後半読みづらい部分があったのは訳のせいかそれとも私の理解度が低いせいか?
    スネイプ先生の運命はなんとなく想像がついていたのですが、フレッドとルーピンまで死んでしまうのは納得しかねます。なので★1つマイナス。

  • 昨発売当日に届きました♪

  • 映画を観るまで読むのを我慢してた。先週観たので、ようやく読了。

  • <u><b>最終巻?そんなの関係ありません。いつも通りです。</b></u>

    <span style="color:#cc9966;">7月31日、17歳の誕生日に、母親の血の護りが消える。「不死鳥の騎士団」に護衛されて飛び立つハリー、そして続くロンとハーマイオニー。ダンブルドアの遺品を手がかりに、彼らの旅が続く。その先にある戦いは…。</span>

    終わり方は万人が望んでいた形であり、また、万人が裏切られた感があったに違いない。当の私も「これだけ長引かせて、最終章はそれかいッ!」ってつっこんでしまった。まぁ、あれでいいのかな。

  • まぁ、見せ場が盛りだくさんですな。
    1回読んだだけじゃわからない深いとこもあって、何度も楽しめる気がする。
    子どもから大人まで語り継がれる名作だと思う。

  • 最後は意外とあっさりでした…

  • この巻は何回読んでも泣けます。6巻までに出てきたいろいろな人々が登場するし、大切な人々が傷つけられてしまうけれど、ハリーはそれを勇気に変えて、例のあの人(ヴォルデモート)に立ち向かっていくんです。特に例のあの人(ヴォルデモート)と最後に戦うあのシーンは最高です!

  • 読んで良かった。スネイプ先生。

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)のその他の作品

J.K.ローリングの作品

ツイートする