教科書と近代文学 (「羅生門」「山月記」「舞姫」「こころ」の世界)

制作 : 日本近代文学館 
  • 秀明大学出版会
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 67
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915855443

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本近代文学館の四回の企画展の展示を書籍化。
    『羅生門』『山月記』『舞姫』『こころ』
    実際に見に行きたかったなー。

  • 日本近代文学館で、毎年夏に「教科書のなかの文学」と題して行っている展示4回分の内容が収録されています。
    対象は、定番教材として国語の教科書への採用が多い芥川龍之介「羅生門」、中島敦「山月記」、森鴎外「舞姫」、夏目漱石「こころ」の4作品。
    毎年夏に、近代文学館へこれらの展示を見に行って楽しんできましたが、ある意味その4つの展示が纏められた絵公式図録みたいな本です。

    資料・図版も多数掲載されていますので(展示の時に見たモノ全部ではありませんが)、各展示が伝えたかったエッセンスみたいなモノは集約されて楽しめる一冊だと思います。
    高校の授業を受けたのは遠い昔で、その内容も記憶の彼方の私にとっては、作品の文章だけを読んで受ける印象とは違って、この本で提示されるテキスト外の資料(直筆原稿から読み取れる情報や、当時の世情、その作品が書かれた同時期の作者の書簡…)からアプローチする視点がとても刺激的で面白かったです。
    これを読むと、もう一度この4作品を読み返したくなりますね。

  • 展示をそのまま書籍化したような日本近代文学館の本、コロナ禍でなかなか展示に行けない今となってはいよいよそのありがたみが増したように感じます。

    「羅生門」のラストについて、そういえば授業で考察させられたなあと思い出し、中島敦についてはその人となりをあまり知らなかったので興味深かったです。
    そして「舞姫」については主人公への苛立ちがダントツに強かったのですが、それとは違った視点の解説が展開されていてなるほどと思うと共に冒頭の文章の美しさを再発見しました。最後の「こころ」については、何といっても地形×心情の描写を解説した部分が面白い。漱石の作品にはよく地名が出てきますが、その意味を考えるのも楽しさの一つなのだと勉強になりました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

日本初の近代文学の総合資料館。1963年に財団法人として発足、1967年に東京都目黒区駒場に現在の建物が開館した。専門図書館として資料の収集・保存に努めるとともに、展覧会・講演会等を開催し資料の公開と文芸・文化の普及のために活動する。2011年より公益財団法人。2020年1月現在の所蔵資料は図書・雑誌・肉筆資料など約120万点。

「2021年 『ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京(オンデマンド版)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
原田 マハ
ヴィクトール・E...
宇佐見りん
辻村 深月
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×