気持ちの整理の上手い人・下手な人

著者 :
  • 新講社
3.15
  • (0)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915872112

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この人の言葉で、いつも肩の力を抜くことが出来る。

  •  精神科医斎藤一族の著書。見開き2ページで一話になっていて97話収められている。どれかは心に残るかも。僕のは下の通り。 


    http://chatarow.seesaa.net/article/123746589.html

  • ぬるーいイメージが抜けない。
    文章はわりと読みやすい。

    当たり前に乗り越えて来た人が
    ちょっと立ち止まった時に
    改めて考え方を確認したりするのには良さそう。

  • 有り難い、ちょっとした言葉、エピソードが沢山。私自信、「気持ちの整理」が苦手だと意識しているので、つい、図書館で手に取って読んでしまった。良かったです。特に最後の「いい子であってもだいじょうぶ」は、ほろりときてしまった。あなたが「いい子」の自分が好きなのなら、一生懸命、「いい子」であり続ければいい。いい子のあなたで十分だ。いい子であることが、あなたの「本当にやりたいこと」かもしれない。こういう人は、「いい子」であることをやめればやめただ、自分を責めてよけいストレスになる。本当に厭になって自分からやめる気になるまで「いい子」でいたっていいと私は思うのである。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

精神科医、医学博士

「2017年 『老いたら、笑顔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

気持ちの整理の上手い人・下手な人のその他の作品

斎藤茂太の作品

ツイートする